ブログ

YouTubeで競歩を見るときに注意すべきポイント

youtubeで競歩動画を見てフォームの参考にする方は

競歩をやっている方はもちろん、ウォーキングで速く歩きたい!

という方も観ることが多いと思います。

私自身も「YouTubeに世界陸上や五輪の動画があるので観てみればよいですよ!」

と、言います。

 

ただ、中には初心者・初級者の方が見ても誤解を生みそうだなぁ・・・

っという動画も多くありますし、五輪や世界陸上の動画でも

全て参考にすべきフォームでない選手もいるのも事実です。

また逆に、五輪選手で無くて初級中級の方がアップしている動画の方が

観て参考にすべき!というものもあります。

 

「参考にすべきでない動画」の代表格は

高校生インターハイ競歩種目の動画です。特に年代が古いもの。

インターハイは純粋な競技会とは少々違う側面があります。

それは、高体連が運営しているので「教育の場」も兼ねている

ということです。

競歩の場合は、普及と言う観点・教育という観点で、インターハイ選手を審判が

歩形を判定する傾向が、昔は強かったです(今も少し残りますが・・・)

 

つまり、少々の動きの粗さは多めにみよう、というあまり真似をして欲しくないフォームが

多々映っています(苦笑)

現場で観ていると、

「きっと失格するだろうなぁ、でも、早い時期に失格した方が本人のためだし」

っと、思ってみていると

「え!あの選手ゴール出来たの????」

と失格もせずにゴールしてしまった、っという選手は少なくありません。

それがYouTubeにアップされ、「これが競歩かぁー」なんて見られていると思うと

ちょっと居た堪れない気分になります・・・

 

 

Follow me!

関連記事

  1. パーソナルウォーキングジム 変形膝関節症の女性ですが20㎞
  2. ランニングは怪我をしやすい、ウォーキングは怪我をし難い
  3. 久々の競歩式ラン講習会
  4. 2018年 冬のウォーキングウェアでのおススメは・・・
  5. まだまだ募集中 UWTT
  6. ウォーキング 足をどうやって前に運ぶか?
  7. 世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩予想
  8. 脳疾患の方を対象にした、皇居1周リレーウォーク、無事に終了
PAGE TOP