ブログ

ダイエットにはウォーキングよりも「お手軽競歩」の方が効果的

ウォーキングでは痩せるのは大変ですが、競歩で痩せるのは容易です。

ウォーキングだと、一般的な定義の範疇だと60分で180kcal

競歩だと、その倍の400kcal近く

 

なぜ、カロリー差がでるのかというと「スピード!」

スピードが速くなるので、必然的に消費カロリーは上がります。

初心者の方は、競歩のフォームを意識するだけでも

なんとなくスピードは上がります。

きっちりと「競歩」ができなくても、「お手軽な競歩」

でも、充分です。

 

やり方としては、

〇肘を曲げて腕を振る

〇お尻も足だと思ってウェストを捻りながら歩く

これだけで、充分です。

 

やってみると分かりますが、

腕を曲げて振っただけでもスピードは上がります。

二の腕を意識して腕を振れれば、二の腕のシェイプも期待できるでしょう

そこにウェストを捻るようにして歩けば、体幹周りの筋肉を使うので

ウェストのくびれも期待でき、お尻も使うのでヒップアップにもつながります。

 

二の腕が細くなり、お尻が上がり、ウェストがくびれる、ぜひ「お手軽競歩」で

歩いてみて下さい。

Follow me!

関連記事

  1. コーチの商売道具は言葉の選択肢の多さ
  2. 「挑戦すること」は、年齢に関係なく、結果より尊いことだと、教えて…
  3. 動画付き講習会を受講された方からのメールを一部紹介します、ウォー…
  4. 河添選手おめでとう!東京五輪 代表全メンバー発表
  5. 全3回競歩講習会でのフォーム撮影は、難しく・楽しく・ためになる
  6. 速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか…
  7. ウォーキングをスポーツとして発展させるために!
  8. つま先立ち着地は流行っているけど、いいの?
PAGE TOP
PAGE TOP