ブログ

ウォーキング のパフォーマンスが寒くて落ちる。対策としてシンプルだけどおこないたい2点とは?

日増しに寒さが厳しくなります。

そうなれば、どうしてもパフォーマンスは落ちていきます。

いつものウォーキングコースを

いつも通りに歩ているはずなのにタイムが遅い

いつも通りに歩いてるはずなのに疲れる

こんなことを感じる方は多いでしょう。

 

やはり寒いと血流が悪くなるので、

身体が温まるまでは、どうしてもパフォーマンスは落ちます。

そして、やっかいなことに温まるまで時間が掛かります。

 

寒くて血管が縮小しているので、どうしても血流が悪くなるので。。。

 

そうなると、大事なのは「防寒対策」と「ウォームアップ」

重ね着をたくさんするのはおススメしません。

薄手で防風なものが1つあればインナーはフリース一枚でけっこう大丈夫。

厚着は反って可動域を狭めて疲れさせます。

 

そしてウォームアップ。

やはりゆっくりから歩き始めて、身体を温めておくと、スムーズに歩けます

 

2点ともおろそかにしないようにして下さい

Follow me!

関連記事

  1. 50㎞競歩世界記録保持者が「金メダル」をとるために変えたこととは…
  2. テン6ウォーク(時速6kmで10kmを歩く)で100kmをより楽…
  3. ウォーカーズ 本放送決定! 観るポイントは???
  4. 1週間で200㎞歩いても、お医者様に「もっと運動した方が良い」と…
  5. スポーツと医療の最前線の融合
  6. 「世界の見え方が変わったように感じるほど」の経験。 皆さんは…
  7. ラグビー日本代表 夢のような1か月 南アフリカとの敗戦に想ふ
  8. 脳梗塞 半身麻痺からのウォーキング ②
PAGE TOP