ブログ

ウォーキング や 競歩で 動きの効率を良くする初歩的なこと

左右差を少なくする。このことを意識するだけでも

フォームの運動効率は劇的に変わります。

 

左右の歩幅が違う

腕振りに左右差がある

つま先が右側だけ外側を向いている

頭がどちらかに寄る

どちらかの肩が下がる

片方の肘が伸びて、片方は曲げ気味

などなど、

 

ここまで書いた中でも当てはまる!

という方は案外多いはず。

 

まずは、左右差を小さくしてみる。

そのことをぜひ意識してください。

Follow me!

関連記事

  1. 日本にスポーツ文化が根付き難い、ボランティアという美徳の難しさ
  2. 東京五輪@札幌 選手ファーストであれば、選手のことを考えた日程に…
  3. 2019行橋別府100㎞ウォーク、12時間台ゴールの樋熊くん
  4. 何年も速く歩き続ける為に
  5. ウォーキング 腕振りが変わることでスピードの「ギア」が変わった、…
  6. パーソナルウォーキングジムで、パーソナルだかこそ意識しなければな…
  7. コーチの商売道具は言葉の選択肢の多さ
  8. 簡単に楽に速く歩ける方法 1000人を抜いて感じたこと
PAGE TOP