ブログ

ウォーキング や 競歩で 動きの効率を良くする初歩的なこと

左右差を少なくする。このことを意識するだけでも

フォームの運動効率は劇的に変わります。

 

左右の歩幅が違う

腕振りに左右差がある

つま先が右側だけ外側を向いている

頭がどちらかに寄る

どちらかの肩が下がる

片方の肘が伸びて、片方は曲げ気味

などなど、

 

ここまで書いた中でも当てはまる!

という方は案外多いはず。

 

まずは、左右差を小さくしてみる。

そのことをぜひ意識してください。

Follow me!

関連記事

  1. パーキンソン病 骨盤と腕振り(肘)の連動で ウォーキングがスムー…
  2. ウォーキングしながら簡単にフォームチェックできる方法
  3. 五輪が近づき「競歩」が注目を浴びる中、初めて競歩を見る方にしって…
  4. 値段が高いシューズほど靴底の減りが早い理由
  5. 雨予報の日本選手権20㎞競歩、この雨がどうレースに影響するか?
  6. 本番間近!! 世界陸上ロンドン2017 解説日記④
  7. 何でも良いので「挑戦」してみる。
  8. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
PAGE TOP