ブログ

ウォーキング 競歩で 膝を伸ばす方が良い理由と、気を付け方

膝を曲げて歩くは

ウォーキングでは、そんなに問題は無いのですが

競歩の場合だと、問題なのが「膝曲がり」

ベントニーという競歩の2つしかないルールに抵触するので

膝が曲がったままだと、ゴールできません。

 

ウォーキングでも、着地の瞬間に深く膝が曲がることは

前に進む力にブレーキを掛けることになるので、

着地の瞬間に膝が深く曲がるのはおススメできません。

 

この膝曲がりには、いろいろな原因があるのですが

まず1つあるのは、「速く足を、《膝下で》引こうとする」です。

 

振出したときは膝が伸びているのだけど、速く蹴りの動作に入ろうとして

膝下が曲がってしまう、というパターン。

 

そういう場合は、まずはゆっくり歩いて、膝下がリードして後ろに蹴ろうとするのではなく

蹴りのタイミングをもう少し待って、着地して体重が乗った瞬間に、

お尻と太ももの裏側で後ろに引く、ということが大事です。

 

足にしっかりと乗り込む。

膝が曲がると着地した足に重心が乗り込める感じが分からないので

良く分かると思います。

 

膝を伸ばすには、まずはゆっくり正確に!、それが基本です。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングを向上させるトレーニング方法④ ゆっくりウォーキング…
  2. 世論は、選手の気持ちでは無いのです
  3. 新型コロナウィルスに対抗する免疫力を高めよう! 適度な運動のスス…
  4. 日本中に競歩を知ってもらう旅13 兵庫県まで来ました
  5. ラン経験のある、競歩初心者がつい失敗してしまうこと
  6. 忙しい方へおススメの週末30分ウォーキング
  7. ウォーキング・競歩で 太もも外側を痛める人へ
  8. 脳梗塞 半身麻痺からのウォーキング ②
PAGE TOP