ブログ

速く歩いた方が楽、と感じる60代女性

「速く歩いた方が楽。。。。」

これは、66歳のパーソナル受講者の女性が

トレーニング中に、ボソッと言った言葉です。

 

上半身と下半身の連動をウォーキングで意識するために

ゆっくりと歩いてもらい、腕振りで気を付けるべきポイントをレクチャーし

上半身と下半身をかみ合わせて動かそうとしたのですが

どうしても、上半身が下半身より先に動いてしまって

うまく行きません。

 

ですが、ある程度テンポアップして歩いてもらうと

リズムが噛み合って、この上半身と下半身の連動が生まれます。

そうなると、噛み合い感じが明確になるにで

腕を振ればドンドン進むので歩くことが楽しくなります。

 

ゆっくりは、連動のために「合わせる」という意識を持つので

とても難しくなるのです。

ですが、ゆっくりでも出来るようになると途端にウォーキングが楽になります。

 

速く歩いた方が楽。。。

実はそういうものなのです。

世界No.1競歩ウォーカー ジャレド・タレントに聞く、トップアスリートが行う世界最新の理学療法ケア – ロンドン五輪50km競歩の金メダリスト、ジャレド・タレント選手による、トークセミナー

《金メダリストが受ける世界トップレベルの理学療法とは》
《一般社会に対するウォーキングの役割とは》

セッション2本立てを国際統合リハビリテーション協会代表理事森本、ウォーキング療法士監修の柳澤哲先生との対談形式で進めます。

通訳あり、英語が理解できなくても参加OK!https://moshicom.com/27114/

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングで、「腕を振る」ときに大事にしたい感覚
  2. 時速7㎞を心拍数100前後でウォーキング
  3. 高校生へのパーソナルで思ふ
  4. マラソンのトレーニングの考え方で正しいこととは? 自分に合った練…
  5. 「パーソナルの良いとこってそこですよね!」っと言われた件
  6. 講習会in大阪は「台風」で中止。楽しみにしていた方が多く、残念。…
  7. UWTT(100kmウォーキングタイムトライアル)コース動画
  8. 柔道 丸山選手と阿部選手の死闘から見る「五輪」
PAGE TOP