BLOG

ウォーキングブログ

速く歩いた方が楽、と感じる60代女性

「速く歩いた方が楽。。。。」

これは、66歳のパーソナル受講者の女性が

トレーニング中に、ボソッと言った言葉です。

 

上半身と下半身の連動をウォーキングで意識するために

ゆっくりと歩いてもらい、腕振りで気を付けるべきポイントをレクチャーし

上半身と下半身をかみ合わせて動かそうとしたのですが

どうしても、上半身が下半身より先に動いてしまって

うまく行きません。

 

ですが、ある程度テンポアップして歩いてもらうと

リズムが噛み合って、この上半身と下半身の連動が生まれます。

そうなると、噛み合い感じが明確になるにで

腕を振ればドンドン進むので歩くことが楽しくなります。

 

ゆっくりは、連動のために「合わせる」という意識を持つので

とても難しくなるのです。

ですが、ゆっくりでも出来るようになると途端にウォーキングが楽になります。

 

速く歩いた方が楽。。。

実はそういうものなのです。

世界No.1競歩ウォーカー ジャレド・タレントに聞く、トップアスリートが行う世界最新の理学療法ケア – ロンドン五輪50km競歩の金メダリスト、ジャレド・タレント選手による、トークセミナー

《金メダリストが受ける世界トップレベルの理学療法とは》
《一般社会に対するウォーキングの役割とは》

セッション2本立てを国際統合リハビリテーション協会代表理事森本、ウォーキング療法士監修の柳澤哲先生との対談形式で進めます。

通訳あり、英語が理解できなくても参加OK!https://moshicom.com/27114/

Follow me!

関連記事

  1. YouTube動画UPしました! #ウォーキング 歩幅を作る身体…
  2. 大会を運営する側と選手が対等ではない、ということが浮き彫りになっ…
  3. 11月28日 TV出演します! 
  4. 久々のほぼ全力5km!競歩@塩谷講習会
  5. 健康の「負のスパイラル」を断ち切る方法
  6. 身長が低くても時速7.5㎞でウォーキングすることは可能です。
  7. YouTube Live限定配信 競歩練習メニュー【初心者】をレ…
  8. 100kmウォーク UWTTで自己記録を3時間縮めることは可能
<<
PAGE TOP