BLOG

ウォーキングブログ

無意識を意識した瞬間(笑)

無意識を意識したのは、小学生のとき

長野の冬は寒く、上着のポケットに手を入れて歩くのは普通のことでした。

ですが、担任の先生としては「ポケットに手を入れて歩く小学生」は

転倒したときに手が直ぐに地面に着けないので

大けがにつながりやすいので、上着のポケットに手を入れないように!

っと、怒られていました。

自分でも気を付けていたつもりだったので

なぜ、上着のポケットに手を入れているのかが、不思議でした。

 

それでも、上着のポケットに手を入れて歩く私に

担任の先生の堪忍袋の緒が切れて、上着のポケットをガムテープを貼られてしまい

手が入れられなくなりました。

 

そして、ある瞬間にポケットに手を入れようとして

「スカッ」っと空振りをした瞬間が起きました!

その動作が、ポケットに手を入れよう!という意識なんてまったくなく起きたので

「これが無意識か!」っと小学生ながら自覚したのを覚えています。

 

冬になり、上着のポケットに手を入れるとつい思い出してしまう

子供の頃の逸話でした(笑)

Follow me!

関連記事

  1. 世界競歩チーム選手権、選手・スタッフに想いを託す、と。。。
  2. 熱中症のリスクは運動経験者でも高まります
  3. 【ウォーキング・競歩】寒い日に履く、アンダータイツにしたい一工夫…
  4. 【レポート】2017年4月 ウォーキング講習会in浦和
  5. 出雲駅伝、中止に想う
  6. 初マラソン、「実は最初から歩いた方がもっと早くゴールできたのじゃ…
  7. 2011年世界陸上大邱大会 日本3選手が入賞するも韓国に先にメダ…
  8. 歩けなければ、走れない スピードのために、自分の「位置」を知ろう…
<<
PAGE TOP