ブログ

ウォーク・ランで自分がどこに足を着地できているか把握できてますか?

表題の問いに、「出来ている!」っと自信をもって言える人は

少ないでしょう。

そして、もし「出来ている!」っと答えていても

実際に出来ている人はほとんどいないでしょう。

それぐらい、着地を把握することは難しいことです。

 

着地が上手になれば上手になるほど、着地したという感覚が分からなくなるからです。

 

着地した!、という感覚が明確にあるのであれば、それは地面をたたくように着地している

可能性が高いです。

それは上手に着地した、とは言えません。

動作として「着地した」→「蹴りだす」という2段階になるからです。

 

ただ、速く歩こう!っと思う中で、重心の載った蹴りだしは大事なので

「着地した」を大切にするトレーニングはすべきです。

それが出来るようになってくると、「着地した」ということと蹴るタイミングは同じにしていかないといけません。

「着地してから蹴る」だと、ピッチが遅くなるからです。

 

「蹴りながら着地する」が理想

ですが、初心者や力任せで歩いている方には難しい、歩く技術です。

 

ですから、「自分の足がどこに着地しているか把握している」

という方は、うまく着地が出来てないかもしれません。

 

もちろん、蹴りながら着地が出来るようになってくると

何となく、着地した場所が分かるようになってきます。

分かっていて実際に感覚とパフォーマンスが合っているのであれば

もう、トップアスリート並み、っと言って良いかもしれません

 

Follow me!

関連記事

  1. 怪我が多く活躍できなった4年生の卒業に贈った言葉
  2. 「鬼滅の刃」を読んで想う、作者は勉強熱心
  3. 20㎞競歩日本のエースが海外での初表彰台で見せた可能性と課題
  4. WEB番組がOA中とちょっとパーソナルの連絡
  5. 膝が痛い!という方に、タイプにもよりますが試してもらいたい歩き方…
  6. 圧巻のレース、大迫選手。井上選手に足らなかったもの。「世界に通用…
  7. 日本中に競歩を知ってもらう旅 シューズは何足履き潰したか?どのメ…
  8. 相撲と競歩のお話し
PAGE TOP