ブログ

ウォーク・ランで自分がどこに足を着地できているか把握できてますか?

表題の問いに、「出来ている!」っと自信をもって言える人は

少ないでしょう。

そして、もし「出来ている!」っと答えていても

実際に出来ている人はほとんどいないでしょう。

それぐらい、着地を把握することは難しいことです。

 

着地が上手になれば上手になるほど、着地したという感覚が分からなくなるからです。

 

着地した!、という感覚が明確にあるのであれば、それは地面をたたくように着地している

可能性が高いです。

それは上手に着地した、とは言えません。

動作として「着地した」→「蹴りだす」という2段階になるからです。

 

ただ、速く歩こう!っと思う中で、重心の載った蹴りだしは大事なので

「着地した」を大切にするトレーニングはすべきです。

それが出来るようになってくると、「着地した」ということと蹴るタイミングは同じにしていかないといけません。

「着地してから蹴る」だと、ピッチが遅くなるからです。

 

「蹴りながら着地する」が理想

ですが、初心者や力任せで歩いている方には難しい、歩く技術です。

 

ですから、「自分の足がどこに着地しているか把握している」

という方は、うまく着地が出来てないかもしれません。

 

もちろん、蹴りながら着地が出来るようになってくると

何となく、着地した場所が分かるようになってきます。

分かっていて実際に感覚とパフォーマンスが合っているのであれば

もう、トップアスリート並み、っと言って良いかもしれません

 

Follow me!

関連記事

  1. マインドフルネスの資格を取得!コーチングにフル活用!します!
  2. 競歩式ラン 競歩講習会 競歩の技術の習得は楽しい!
  3. ウォーキング 競歩 でフォームをチェックするときはスローで見るべ…
  4. 全日本競歩20㎞能美大会 男子20㎞競歩東京五輪最終決戦
  5. 無料WEB競歩講習会 開催します!テーマは [高校生のための競歩…
  6. 情報が溢れる世の中での情報の価値とは?
  7. 予定通り開催します! 福岡講習会!
  8. 膝への負担を少なく走る!競歩式ランの事例紹介やります
PAGE TOP