ブログ

ウォーキング 湿度対策で持っていきたいもの

今日のTVで、同じ気温28度でも、

湿度が低いと熱中症になりにくく

湿度が高いと熱中症になりやすい

と、ありました。

それは、汗が揮発するかしないかの差です。

 

そうなると、汗が揮発しないのであれば、汗をこまめに拭き取る必要があります。

一般的には、汗を拭きとるのは乾いたタオルですが

濡れたタオルだと、汗腺まで綺麗に拭き取ってくれます。

 

汗を出す線として、汗腺の話はたまにブログでも書いてきました。

特に汗はジワッと掻くけど流れないような汗は汗腺にふたをするので

熱がこもりやすい、と。

例え流れる汗であったとしても、濡れたタオルの方が断然良いです。

(運動中は特に)

 

もし、乾いたタオルの方が「汗を拭きとる」のに優れいているのであれば

水に浸かったスポンジではなく、乾いたタオルを渡すはずです。

ですが、どんなマラソン中継をみても、そんなシーンとはレース中に会いません。

 

このことからも、濡れたもので身体をふく、というのは効果的なんだと理解して頂けると思います。

 

暑い日にウォーキングをしなければいけない場合は、濡れタオルも用意しておくと便利ですよ

Follow me!

関連記事

  1. 50㎞競歩最後1枠を決める最大ポイント!!どのラップで5㎞20分…
  2. パーキンソン病 しかし、諏訪湖1周ウォーキング達成
  3. 世界記録誕生からみる日本競歩が準備しておかなければいけないこと
  4. 競歩講習会 チャリティーで開催! 入金のご報告
  5. 行橋別府100㎞の1週間前の日曜日が雨で困っている方へ
  6. 50㎞競歩世界記録保持者が「金メダル」をとるために変えたこととは…
  7. 皆さんのフォームを動画でみて、昔の自分を思い出す
  8. マメが出来ないシューズがあるの?っと聞かれたらしたい話
PAGE TOP
PAGE TOP