BLOG

ウォーキングブログ

足には左右差がある、のは普通の事です。

左右均等に脚を使って歩く

 

当たり前で、簡単な事だと思っている方は、ご自身のシューズ裏側を見てみて下さい

減り方がまったく同じというほとんどいないでしょう

 

左右均等に脚を使うという事は難しい事なのです。

足の長さもその影響で1-2cmくらいは長さが違います。

接骨院の先生とかは、あえて足を引っ張って左右差を見せて

「駄目だねぇー」なんて言ったりします。

その場では股関節を回して左右差を合わせますが、

元に戻るので、根本的な解決にはなりません

 

その原因は、歩き方が悪い場合も当然ありますが、

根本的には人の身体が左右差が出来るようになっている

という部分にもあります。

 

例えば「利き腕」

当然、利き腕の方が筋力があり、つまり重い腕になります。(同じ体積でも筋肉の方が重い)

そうなるとそこに左右差が生まれ、右腕側、つまり右脚に重心が乗りやすくなります。

 

重さの差は僅かですが、1万歩歩くということはその半分の5000回右脚に重心が載るのです。

そりゃ、傾きは生まれます。

 

それ以外にも、「足を組む」習慣がある人には、股関節の柔軟性の左右差が生まれます。

結果として、左右のバランスは崩れます。

 

そのことを自覚出来れば、左右差は無くならぬまでも小さくすることは出来ます。

それは、動作で気を付けたり、脚を組まないようにしたり

エクササイズで左右均等にするように心がけるからです。

 

左右バランスが整うと、片方の足に偏らないので怪我のリスクや

バランスよい筋肉の使い方で疲労し難くなります。

 

身体には左右差がある、そのことを自覚しておくだけで随分と変わります。

Follow me!

関連記事

  1. ウェストを絞る!(引き締める)を意識してウォーキング
  2. YouTube動画UPしました! 歩いてサブ4 =40㎞ウォーク…
  3. 理学療法士の皆さんに「骨盤で歩く」を伝えたら。。。
  4. 身体の疲労を回復させる2大要素
  5. 【ご報告】3回目のPCR検査結果も無事にクリアしました
  6. 競歩の歩く技術、パーキンソン病の方もスムーズにウォーキング
  7. 【ウォーキング】理学療法士さん、作業療法士さんとウォーキングのレ…
  8. ウォーキング や 競歩で上達するための「自分の現在地」を知ってい…
<<
PAGE TOP