BLOG

ウォーキングブログ

速く歩くために! 時速10㎞で10㎞で歩いても疲れない

上下動があると、上下に重心が移動するので

身体への負担が大きくなり、速く歩けたとしても疲労感は大きくなります。

速く、そして、楽に、にとっても上下動が無いのは大事なポイントです

 

今日も10㎞を時速10㎞で歩いてきました

今日は視界が安定しているなぁ(上下動が無いなぁ)っと思ったら

ガーミンのデータは、4㎞のときに上下動は1.1㎝

歩いているときの平均1.5㎝でした。

 

速く歩くためには、重心を以下に前後にして、上下にしないか?

これは大事なポイントです。

実はこのコースはアップダウンが川沿いで細かく続き

非常に歩きにくいのですが、練習コースとして定着してきて

細かい重心のコントロールができるようになったのも

上下動が少なくなった要因です。

 

お陰で終わったあとの疲労感はいままでの10㎞と比べてほとんど無いです。

しかし、この上下動を無くす、というのは

速く歩こうとするうえで重要だけど、とても難しいテクニックです。

 

お尻・太もも裏だけで地面を蹴れないとできません。

しかし、なんとか習得したいテクニックです。

Follow me!

関連記事

  1. 【ウォーキング初級レベル】の皆さん、ご自身の歩くフォームを動画で…
  2. 理学療法士の皆さんに「骨盤で歩く」を伝えたら。。。
  3. どんな人だって、「速く歩ける」ようになります
  4. 【早く歩く、テクニック】手前に足を引き戻しながら着地する
  5. 東京エクストリームウォーク 雨の日チャレンジはできれば避けたい
  6. 緑薫新宿-東京ロード
  7. #湘南国際マラソン #サブ4 歩いてサブ4!、目標5㎞毎のペース…
  8. 2017世界陸上 メダルへの道③ ロンドン到着
<<
PAGE TOP