ブログ

速く歩くために! 時速10㎞で10㎞で歩いても疲れない

上下動があると、上下に重心が移動するので

身体への負担が大きくなり、速く歩けたとしても疲労感は大きくなります。

速く、そして、楽に、にとっても上下動が無いのは大事なポイントです

 

今日も10㎞を時速10㎞で歩いてきました

今日は視界が安定しているなぁ(上下動が無いなぁ)っと思ったら

ガーミンのデータは、4㎞のときに上下動は1.1㎝

歩いているときの平均1.5㎝でした。

 

速く歩くためには、重心を以下に前後にして、上下にしないか?

これは大事なポイントです。

実はこのコースはアップダウンが川沿いで細かく続き

非常に歩きにくいのですが、練習コースとして定着してきて

細かい重心のコントロールができるようになったのも

上下動が少なくなった要因です。

 

お陰で終わったあとの疲労感はいままでの10㎞と比べてほとんど無いです。

しかし、この上下動を無くす、というのは

速く歩こうとするうえで重要だけど、とても難しいテクニックです。

 

お尻・太もも裏だけで地面を蹴れないとできません。

しかし、なんとか習得したいテクニックです。

Follow me!

関連記事

  1. 東京エクストリームウォーク 17時間台で歩かれた方からのお礼メー…
  2. 動画付き講習会は、匂い付き
  3. 東京エクストリームウォークに向けてのトレーニング① 11.5㎞を…
  4. 16回テン6ウォーク無事に終了!
  5. MGC 勝敗を分けたフォーム そして「速さ=強さ」ではない 設楽…
  6. ビルドアップウォークは楽しい!?
  7. ウォーキングを始めようと思っている方に勧めたい「まずはゆっくり歩…
  8. ZIPのスポーツコーナーに「声」だけ出演します。そして、誤掲示問…
PAGE TOP