ブログ

日本インカレに弾丸日帰り、試合の出来る幸せ

日本学生陸上競技対抗選手権大会があり新潟へ

弾丸日帰り日程の帰りの電車です。

 

結果は散々でしたが、選手もコーチも学びの大きな大会となりました。

やっぱり、コーチは肌で感じる違和感を率直に選手に伝えないといけない

改めて痛感しました。

 

ですが、やはり一番感じるのは

このコロナ禍でこのような大きな大会が開けたこと。

 

ちょっとスタンドに座り感動しました。

多くの関係者の尽力の元、学生のためにこれだけの大規模な大会を開催する

凄い苦労があったと思います。

 

陸連関係者と話しましたが、他の中止になる大会は

報道されないシビアな内容で中止せざる得ないなか

開催できているのは、幸せなことです。

 

選手である以上、結果を求めるのは当然ですが

それと同時に試合の出来る喜びを、選手には試合の結果以上に感じて欲しいと思います。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 運動経験なく初マラソンで4時間35分への道のり
  2. 暑い日にウォーキングをスタートする前に。2019
  3. 70歳前後の方のウォーキングフォームの特徴
  4. 2017世界陸上ロンドン 20㎞競歩男子 レビュー
  5. エバン・ダンフィー選手 (Evan Dunfee)が吼えてますが…
  6. ウォーキングの技術を身に付けるのに、「年齢」は障害にはなりません…
  7. 日本にスポーツ文化が根付き難い、ボランティアという美徳の難しさ
  8. 本格ランから僅か5ヶ月でサブ4達成! 練習時間が取れず。。。苦労…
PAGE TOP