BLOG

ウォーキングブログ

足の長さは左右同じではありません

整体や接骨院で、「足の長さが左右違います」

って言われる方は多いと思います。

 

計測したことが無い方も、おそらく両足を引っ張ってもらって

かかとを揃えると、左右長さがおそらく違うでしょう。

自分だけが長さが違う、っと思う人が多いようですが、

そんな事はありません。

ほとんどの人が左右の長さが違います。

 

子供のころからよっぽど。「足を組まない」「立つ足が常に均等」

っと気を付けてなければ、まず左右の長さは違います。

 

足の長さが違えば左右の歩幅も変わり、脚への負担も左右差が出ます。

 

一時的ですが、股関節多き旋回を内回り外回りと何回も繰り返せば

長さはもとに戻ります。

つまり、股関節の柔軟性のが長さを変えていると言っていいでしょう。

 

1‐2㎝くらいは、変わるものなので、整体や接骨院の方の言う事に

一喜一憂することなく、股関節の柔軟(ストレッチ)をしっかりと行ってください

 

Follow me!

関連記事

  1. 給水スポンジが何でそんなとこから出てくるのか?、というと。。。五…
  2. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
  3. しおや100㎞ウォーク、2年連続トップに東京エクストリームウォー…
  4. 整形外科の先生と対談、そして、パーソナル受講者の感想、そのことが…
  5. 大坂なおみ選手の快挙、日本人の快挙にガッツポーズでました!
  6. ダイエットにはウォーキングよりも「お手軽競歩」の方が効果的
  7. 初心者も参考にしたい時速8㎞のフォーム解説
  8. ランにも活用できる競歩講習会、京都マラソンに参加された方からのお…
<<
PAGE TOP