ブログ

ウォーキングや競歩で技術の習得は早い人は、どんな人か?

たまに聞かれることがあるのが、

ウォーキングや競歩の技術の習得で

「やはり、若い選手の方がいろいろと習得するのが早いですか?」

 

これまで、トップアスリートはもちろん若い大学生・高校生

そして、シニアにと幅広い方をサポートしてきました。

結論から言うと、決してそんなことはありません。

 

若い選手だから、修得が早く

マスターズなど年齢が高いからといって習得が遅い

ということはないですね。

 

習得の早さを決定づけるのは

思考の柔軟性かと思います。

長くウォーキングや競歩をしている方でも

思考柔軟性が高い方は習得が早いです。

 

 

世界No.1競歩ウォーカー ジャレド・タレントに聞く、トップアスリートが行う世界最新の理学療法ケア – ロンドン五輪50km競歩の金メダリスト、ジャレド・タレント選手による、トークセミナー

《金メダリストが受ける世界トップレベルの理学療法とは》
《一般社会に対するウォーキングの役割とは》

セッション2本立てを国際統合リハビリテーション協会代表理事森本、ウォーキング療法士監修の柳澤哲先生との対談形式で進めます。

通訳あり、英語が理解できなくても参加OK!https://moshicom.com/27114/

Follow me!

関連記事

  1. 上半身と下半身をかみ合わせて歩けば6’57で1㎞は60代の女性で…
  2. 4年ぶりの大雪で開店休業中
  3. 50㎞競歩日本記録更新! 日本記録を更新する難しさ。そんな中、学…
  4. 五輪が近づき「競歩」が注目を浴びる中、初めて競歩を見る方にしって…
  5. スポニチフォーラムにパネリストとして参加してきました!
  6. ウォーキング・競歩のための暑さ対策 2017版
  7. 確実に、録画で観るのと、LIVEで観るのを間違えた気がする件
  8. いざ!再びのロンドンへ
PAGE TOP