ブログ

Garmin(ガーミン) ランニングダイナミクスポッドを活用する 導入までの長い道のり

実は5月上旬にガーミンを新調しました

forathlet245jに。

一番の目的は「ランニングダイナミクスポッド」を活用して、より精度の高いサービスを提供できないか?

っというのが狙いです

 

ランニングダイナミクスポッド、とはこれですが

https://www.garmin.co.jp/products/accessories/010-12520-10_010-01746-14/

ランニングダイナミクスポッドには加速度計が内蔵されており、胴体の動きを測定して6つのトレーニング中のデータを計算します。

・ピッチ:ピッチは1分あたりの歩数です。合計ステップを表示します(左右の組み合わせ)。
・地面接地時間:トレーニング中に地面に接している各ステップの時間です。ミリ秒単位で測定されます。
・地面接地時間バランス:地面接地時間の左右のバランスをパーセンテージで表示します。
・ストライド幅:1歩から次のストライドまでのストライドの長さで、メートルで測定されます。
・上下動:走っている間の胴体の垂直振動の振れ幅を計測します。ステップごとにセンチメートル単位で表示します。
・上下動比:垂直振動とストライド幅の比で、パーセンテージで表示されます。数値が低いほど、トレーニングフォームが良好であることが示されます。

メーカーHPより抜粋

これを使えばウォークでもランでも、フォームを可視化出来て

課題点が修正されていくことを、数字で確認ができる、ということです。

 

これから、いろいろとトレーニングで活用して「精度」を見定めたいと思います。

幸いGarmin社とはまったくスポンサー契約をしてませんので(愛用はしてますが)

バッサリとコメントが書けるので、楽しみにしていてください。

 

5月上旬に届いたのに、いまだ活用できなかったのは

届いたランニングダイナミクスポッドが初期不良品でまったく動かない。。。

ネットでGarminのアフターケアはかなり厳しい評価でけちょんけちょんに書かれていたので

コロナ禍の状況もあって、「こりゃあ対応してくれないだろ」

っと思っていたら、

 

なぜか最初にセンサーのカバー(黄色の部分)だけが届き、

取り替えて試してみて、とあったので取り替えてみたけど

そりゃ、カバーが変わってセンサーが復活するわけもなく。

 

メールでカバー変えたけどだめでした、っと伝えたら

今、新しいのを送っている最中だから、もう少し待ってて

との返事。

そして、昨日。

なぜかカバー付きで新しいセンサーが届きました。

 

まぁ、1か月近く掛かりましたが

Garmin社さん、ありがとうございました!

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 大阪での「想い」を、まずは行動してみました。
  2. 自分のフォームは、見るだけで速くなれる
  3. ウォーキング・競歩で 太もも外側を痛める人へ
  4. 優勝おめでとうございます!飯塚‐武雄103㎞!!!
  5. 速くウォーキングするときのフォームと、ゆっくりウォーキングすると…
  6. 速く歩いて、走っている人を抜こうとしたときに気を付けていたこと
  7. ZOOMでWEB講習会に参加する方法(パソコン・スマホ)
  8. 寒くても血圧のために歩きましょう!NHKは影響力大
PAGE TOP