ブログ

ウォーク、小さな(狭い)歩幅で、時速7㎞以上を楽に出す練習

 

つま先の前にかかとから着地するイメージで。

あえて、後ろには大きく蹴りださず。

接地している「つま先」の前、「つま先」の前に

リズムよくかかとから着地をしていく

 

それをリズムよく繰り返す。

結果として歩幅短めになる。

滑らかに、柔らかく、を意識して、無駄な力を生まないように。

 

「つま先」の前に「かかと着地」をするイメージで歩くだけど、

実際は、接地しているつま先は後方に蹴りの動作のために「引かれていく」ので

かかとが着地する頃には、つま先の位置は後方に移動しているので

結果として、足が前後に開き「歩幅」が生まれる。

 

かかと着地、重心を載せる、蹴る

この一連動作の練習のための、「小さな歩幅で歩く」

なのです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 練習嫌いなパーソナル受講者が教えてくれた、スポーツを楽しむ本質。…
  2. ウォーキングのスピードが出れば出るほど気を付けたいこと
  3. 二の腕を細くする、一番のエクササイズとは?
  4. 雨の日のウォーキング対策 【リライト版】
  5. 靴底が硬いNEWシューズ。けどそれがお気に入り
  6. 全日本マスターズ競歩で失格された方へ 競歩での失格は「汚点」では…
  7. 時速7㎞を心拍数100前後でウォーキング
  8. ウォーキング や 競歩で左右のバランスが悪い時に確認すべきこと
PAGE TOP
PAGE TOP