ブログ

競歩の歩き方 競歩で、ゆっくり歩くと膝は伸びるのに、速いと曲がる。。。

この表題の課題を抱えている方は多いと思います。

「ゆっくり歩くと膝は伸ばせるのに、速いペースになると曲がる」

 

「ゆっくり」から「速く」でフォームで何を大きく変えようとしてしまうのでしょうか?

 

多く方は、「回転数(ピッチ)」を変えると思います。

速く足を動かすことによってスピード生み出そうとします。

この時に、「ゆっくり」のときは、膝を伸ばすための一連の動作が意識しやすいので

かかとから着地するー重心がのって膝が伸びる

がスムーズに出来ます。

 

速くなると、重心が載る前に「後ろへ蹴る」という動作をしてしまうので

膝が曲がったままになってしまいます。

 

こうなってしまう要因として、「蹴り始めのポイント」

が間違っている、ことも挙げられます。

 

お尻から脱力して振り出して、かかと着地が出来れば

着地で自然と膝が伸びやすくなるので、「伸ばす」という意識を強く持たなくても

膝が伸びやすいです。

 

そして、蹴ると言動作を「骨盤から行う」というのも大事なポイントです。

ランの方に非常に多いですが、「モモ裏から蹴る」という癖が強いと

どうしても、かかと巻く動作になりやすく、膝が曲がりやすくなります。

 

「骨盤から行う」ことが出来れば、かかとから大腰筋までを

一つの筋肉として連動性をもって使えるので

膝が曲がり難くなります。

 

文章だと、なかなか伝わり難いかもしれませんが

ぜひ、気を付けてみてください。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーク完歩! しおや100㎞ウォーク12時間台(ご本人…
  2. 医療従事者からのお尻も脚だと思って歩くときの身体の使い方のアプロ…
  3. 東京五輪マラソン東京コース 本日無事完[歩]!
  4. 「認知症にさせない」ために、声を掛けて一緒に歩こう!
  5. 東京五輪マラソン東京コース 4時間46分01秒で歩く 装備&給水…
  6. 初心者向け! 時速7㎞の歩き方 YouTube配信開始
  7. ウォーキングで太もも前を使わない!、意識出来ますか?
  8. 競歩ドリル 上級編 重心を載せて、脱力脚を振り出す
PAGE TOP
PAGE TOP