ブログ

ウォーキングや競歩で姿勢の基準となる、身体の左右の境目にあるものとは

ウォーキングや競歩で、姿勢を意識するときに

基準となるのが「背骨」

 

背骨は当然身体の中止にあり、

左右を意識する時の境目にあります。

皆さんも必ず背骨を中心に捉えて、右手・左手、右足・左足

と言う風に考えると思います。

 

背骨は基本的には真後ろから見れば、まっすぐ立っているはずです。

つまり、姿勢を作るときに意識すべきは

骨盤の真ん中に背骨を置き、真っ直ぐに立てること。

その意識をしっかりと持つことです。

 

その為にも自分の身体を俯瞰して見ることが出来る

というのも大事なことです。

 

壁にかかとを付けて伸びをすると、背骨がまっすぐかどうかが

良く分かります。自分の身体の左右の境目「背骨」

ぜひやってみて下さい。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 70代女性が2日連続でテン6(時速6㎞で10㎞)で歩いた時に、心…
  2. 時速6kmのスピードで「ウォーキング」できない方の特徴
  3. 競歩 骨盤(腰) の使い方 重心を載せて休め!
  4. 体幹トレーニングとしての「競歩」の活用
  5. 競歩で足首はどう使うか?
  6. ウォーキング 膝下を振り出す着地、膝下を振り下ろす着地
  7. ウォーク(競歩)時速10㎞で、上下動【1.2㎝】と判断される
  8. ウォーキングで下り坂で足のすね(脛)のしたの方が痛くなる!
PAGE TOP