ブログ

腕は「おまけ」で振らない ウォーキングを始めたばかりの人がしてしまうこと

パーソナルは公園でしているのですが、

もちろん、ウォーキングをしている人を良く見かけます。

 

そこでよく見かけるのが、「肘を曲げて腕を振っている」のだけど、

腕振りと脚のタイミングが合っていない、という方。

とてもバランスが悪く、推進力になっていない、という状態になっています。

 

ウォーキングを頑張ろうとすると、「肘を曲げて腕を振る」というのは

分かりますが、ご自身で肘を曲げて腕振るのが疲れる。。。と言う場合は

無理に肘を曲げて腕を振らずに、肘を伸ばしてリラックスして歩いてください。

その方が有効だと思います。

 

実際に、肘を曲げて腕振りが苦手な方には、まず腕を伸ばして腕を振ることから

練習をしてもらいます。

 

まずは、無理に肘を曲げず、腕を伸ばしてウォーキングしてみてください

 

Follow me!

関連記事

  1. 1kmをまずは10分で歩くことは、初心者ウォーカーもベテランウォ…
  2. 時速7㎞以上 時速8㎞で10㎞を歩く 【70代男性フォームを動画…
  3. 値段が高いシューズほど靴底の減りが早い理由
  4. 理屈を理解した上で、納得してそれを身体で再現したい! WEB競歩…
  5. 競歩での失格は、レベルアップのサイン 「競歩を難しい」という言葉…
  6. 在宅ワークのため生活のリズムを作るために朝にトレーニングする方が…
  7. ウォーキング や 競歩で左右のバランスが悪い時に確認すべきこと
  8. とある日のウォーキング(競歩)の練習、それで分かったこと
PAGE TOP