ブログ

腕は「おまけ」で振らない ウォーキングを始めたばかりの人がしてしまうこと

パーソナルは公園でしているのですが、

もちろん、ウォーキングをしている人を良く見かけます。

 

そこでよく見かけるのが、「肘を曲げて腕を振っている」のだけど、

腕振りと脚のタイミングが合っていない、という方。

とてもバランスが悪く、推進力になっていない、という状態になっています。

 

ウォーキングを頑張ろうとすると、「肘を曲げて腕を振る」というのは

分かりますが、ご自身で肘を曲げて腕振るのが疲れる。。。と言う場合は

無理に肘を曲げて腕を振らずに、肘を伸ばしてリラックスして歩いてください。

その方が有効だと思います。

 

実際に、肘を曲げて腕振りが苦手な方には、まず腕を伸ばして腕を振ることから

練習をしてもらいます。

 

まずは、無理に肘を曲げず、腕を伸ばしてウォーキングしてみてください

 

Follow me!

関連記事

  1. ハンディを武器に変えることが出来るのが競歩の魅力
  2. ウォーキング 腕振りが変わることでスピードの「ギア」が変わった、…
  3. 1枚の写真 :楽に「aruku技術」
  4. ヒールストライク??かっこいい言葉に惑わされず、スポーツを学ぶ3…
  5. ウォーキング ランニングでフォームの左右差に気が付きにくい理由
  6. 競歩(ウォーキング)で、フォームの答え合わせしてますか?
  7. 「何歩ウォーキングしたという、歩数だけをウォーキングの指標にして…
  8. ベストのパフォーマンス出すために!持たなければいけないもの、世界…
PAGE TOP