ブログ

ウォーキング 1歩の中に緊張とリラックスを生み出すことが大切

ウォーキングでは、ランニングより

その一歩に「緊張とリラックス」を極端に生むことができます。

 

体重が載って、それを身体を押し出す足として活用

蹴り終わって前に出す足は、緊張から解放されてリラックスされている。

 

この相反する2つの動作をしっかりと作り

そのギャップ(緊張する足はより緊張し、リラックスする脚はよりリラックスする)を

大きくすることが出来れば出来るほど、楽に歩けるのです。

 

一歩の中で、メリハリをつけるのをぜひ心がけて下さい。

 

Follow me!

関連記事

  1. ふくらはぎ、を 細くする ウォーキング フォーム
  2. 超 初心者のため の ウォーキング コラム 雨の日ウォーキング対…
  3. 競歩は身長の高い方が有利か! その意識を打ち破った女性アスリート…
  4. ロングウォークをすればするほど、「楽に」のために、僅かしか進まな…
  5. UWTT(100kmタイムトライアル)に、ぜひ挑戦して欲しい皆さ…
  6. 遅いほどキツイのが100㎞ウォーキング
  7. 今年読まれたblog記事第2位は! 今年良く読まれたブログベスト…
  8. ウォーキングで速く歩くために、競歩のストロールを学ぶ
PAGE TOP
PAGE TOP