ブログ

ウォーキング 1歩の中に緊張とリラックスを生み出すことが大切

ウォーキングでは、ランニングより

その一歩に「緊張とリラックス」を極端に生むことができます。

 

体重が載って、それを身体を押し出す足として活用

蹴り終わって前に出す足は、緊張から解放されてリラックスされている。

 

この相反する2つの動作をしっかりと作り

そのギャップ(緊張する足はより緊張し、リラックスする脚はよりリラックスする)を

大きくすることが出来れば出来るほど、楽に歩けるのです。

 

一歩の中で、メリハリをつけるのをぜひ心がけて下さい。

 

Follow me!

関連記事

  1. 東京五輪で選手と手軽にコミュニケーションを取る方法① 選手は飲み…
  2. 神様の与えた試練は、多くの人を救う希望の光も同時にもたらす。。。…
  3. メール通信トレーニングの始めた理由
  4. ウォーキング 時速7.4kmで歩く 変形膝関節症 女性 66才
  5. ラン経験者がウォークに挑戦をして、失敗してしまうシューズ選び
  6. 競歩トップ女子選手にみる「競歩の腕振り」
  7. ウォーキング 競歩でリラックスして足を前に振出す
  8. パーキンソン病 患者さんとのウォーキングジムパーソナル
PAGE TOP