ブログ

ウォーキング 1歩の中に緊張とリラックスを生み出すことが大切

ウォーキングでは、ランニングより

その一歩に「緊張とリラックス」を極端に生むことができます。

 

体重が載って、それを身体を押し出す足として活用

蹴り終わって前に出す足は、緊張から解放されてリラックスされている。

 

この相反する2つの動作をしっかりと作り

そのギャップ(緊張する足はより緊張し、リラックスする脚はよりリラックスする)を

大きくすることが出来れば出来るほど、楽に歩けるのです。

 

一歩の中で、メリハリをつけるのをぜひ心がけて下さい。

 

Follow me!

関連記事

  1. マラソン、給水なぎ倒しなんて、可愛いもの。それ以上に酷いことも。…
  2. ウォーキングや競歩で「きつい」「疲れた」と感じたとき、メンタル的…
  3. ウォーキングのペースを上げるのに「力」を使わない理由
  4. 東京五輪 競歩コース下見で感じたこと。
  5. 少人数制動画付き講習会が好評な理由は・・・
  6. 行橋‐別府100㎞、今からでもタイムを縮める方法
  7. ウォーキング&競歩動画付き講習会 参加者の方の質問に回答 自分の…
  8. 科学的根拠より、先入観によるマナーが優先される状況ですが、知って…
PAGE TOP
PAGE TOP