ブログ

ふくらはぎ、を 細くする ウォーキング フォーム

一番のポイントは、「つま先で地面を蹴らない」ということ

歩くという動作は、片足で全体重を交互に支えます

体重が50㎏だったら、50㎏近い重さをつま先で蹴るということは

ふくらはぎの筋肉(腓腹筋)に50㎏近い重さを持ち上げる、という事になります。

しかも、歩いた歩数の分だけ。

実際に、つま先で地面を蹴る、を意識していた方のふくらはぎはかなり立派です。

 

つま先で地面を蹴らずに、体重を支えるだけにすれば

持ち上げる、という事をしないので筋肉(腓腹筋)への負担も少なく

ふくらはぎが大きくなることはありません。

 

長距離種目や競歩を長くしている選手は、そのことを知っているので

速い選手であればあるほど、ふくらはぎが細いのはそのためです。

 

疲れない、ためにも「つま先で地面を強く蹴る」ということはやめた方が良いでしょう

 

地面を強く蹴らない、ということが、ふくらはぎを細くするウォーキング フォームの近道です!

Follow me!

関連記事

  1. 遅いほどキツイのが100㎞ウォーキング
  2. 1kmをまずは10分で歩くことは、初心者ウォーカーもベテランウォ…
  3. 荷物を背負って走ったとしても、、、
  4. 速く歩くために、したいこと
  5. オンライン講座 WEB競歩講習会!全3回を8月も開催します
  6. ウォーキングを向上させるトレーニング方法② 自分のウォーキングフ…
  7. ウォーキングで「姿勢」を意識するだけで、フォームの質が変わります…
  8. 6月のエクストリームウォーク初挑戦で完歩した方のメールから見る、…
PAGE TOP