ブログ

居眠り運転ならぬ、居眠りウォーク(競歩)

骨盤を使って歩いていると、「オートマ状態」に入ることがあります

つまり、足を動かそうと思わずに勝手に前に進む感覚です。

 

前傾が出来ていると身体が前に倒れます。

倒れる身体を腰で後ろに蹴りだし、前に進ませ

骨盤で蹴るので反対側の骨盤が前に勝手に出てくれるので転ぶことはありません。

 

極力ブレーキが掛からないようにするために、かかと着地を意識して

推進力を妨げないようにします。

 

力は特に使わずに歩けるので、

早朝練習の時は寝ながら(薄目で)歩くことも決して珍しく無かったです。

寝ている間に勝手に進むので、距離がけっこう進んでいたなんてことも珍しく無かったです

 

イメージとすれば自転車に乗っているような、そんな感覚です。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩の上達で大切な事、「言葉に出来る」ということは、間違った動き…
  2. 10㎞をウォーク、速く歩くためにバリエーションをつけて歩く その…
  3. ウォーキングを習うと、70才女性でも手軽に15㎞をサッと歩く
  4. プロ(実業団選手)と一般ウォーカー・ランナーとの差を生むもの
  5. 歩くスピードが速くなったら、ゆっくりウォーキングしている時のフォ…
  6. 競歩で足首はどう使うか?
  7. アメリカのマスターズ陸上競歩 動画
  8. ウォーク 競歩 年齢を重ねれば重ねるほど、ただ長い距離だけを歩い…
PAGE TOP