ブログ

ウォーキングのスピードが出れば出るほど気を付けたいこと

スピードが速くなると、どんなことが起きるでしょうか?

車で例えてみると、ぶつかったときの衝撃が大きくなりますよね

スピードが遅ければ、衝撃は小さく

スピードが速ければ、衝撃は大きい

誰もが容易に想像がつく理屈です。

 

歩くにしても同じことが言えます

スピードが速くなれば速くなるほど衝撃は大きくなります

 

では、ウォーキングで衝撃が大きくなる部分はどこでしょうか?

 

ぶつかる部分があるとすれば。。。

それは「着地」の時ですよね

地面と足の接地の瞬間です

言い換えればそれ以外の部分でウォーキングで身体が衝撃を受けることはありません

 

だからこそ、スピードが速くなればなるほど、

かかと着地は大事になります。

 

衝撃を受ける面積を小さくして、身体に与えるダメージを

少しでも小さくしましょう

Follow me!

関連記事

  1. インターハイが無くなり、次に目指したい高校生の大会 WEB競歩講…
  2. 身体を動かすために持ちたい「極意」
  3. ウォーキングで、「腕を振る」ときに大事にしたい感覚
  4. 競歩には「速く歩くための技術が詰まっている」
  5. 8月26日開催 YouTube Live限定配信 競歩練習メニュ…
  6. 今年読まれたblog記事第1位は! 今年良く読まれたブログベスト…
  7. 動画で確認する!膝関節を伸ばすために意識したいこと
  8. 東京エクストリームウォーク42.195km ハーフを試し歩き!
PAGE TOP