ブログ

ウォーキングのスピードが出れば出るほど気を付けたいこと

スピードが速くなると、どんなことが起きるでしょうか?

車で例えてみると、ぶつかったときの衝撃が大きくなりますよね

スピードが遅ければ、衝撃は小さく

スピードが速ければ、衝撃は大きい

誰もが容易に想像がつく理屈です。

 

歩くにしても同じことが言えます

スピードが速くなれば速くなるほど衝撃は大きくなります

 

では、ウォーキングで衝撃が大きくなる部分はどこでしょうか?

 

ぶつかる部分があるとすれば。。。

それは「着地」の時ですよね

地面と足の接地の瞬間です

言い換えればそれ以外の部分でウォーキングで身体が衝撃を受けることはありません

 

だからこそ、スピードが速くなればなるほど、

かかと着地は大事になります。

 

衝撃を受ける面積を小さくして、身体に与えるダメージを

少しでも小さくしましょう

Follow me!

関連記事

  1. 靴底が硬いNEWシューズ。けどそれがお気に入り
  2. ウォーキングや競歩で、足音がする歩き方って良いの?
  3. 【ウォーキング・競歩】歩くスピードレベルアップのためにやりたい、…
  4. 100㎞を10時間を切って「歩く」という事を解説
  5. 【健康ウォーキング】内ももにしっかりと「立つ」意識でウォーキング…
  6. 腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)を鍛えるウォーキングの仕方
  7. 速く歩けている、という誤解を生むもの そして、60代膝が内側に曲…
PAGE TOP
PAGE TOP