ブログ

ウォーキングのスピードが出れば出るほど気を付けたいこと

スピードが速くなると、どんなことが起きるでしょうか?

車で例えてみると、ぶつかったときの衝撃が大きくなりますよね

スピードが遅ければ、衝撃は小さく

スピードが速ければ、衝撃は大きい

誰もが容易に想像がつく理屈です。

 

歩くにしても同じことが言えます

スピードが速くなれば速くなるほど衝撃は大きくなります

 

では、ウォーキングで衝撃が大きくなる部分はどこでしょうか?

 

ぶつかる部分があるとすれば。。。

それは「着地」の時ですよね

地面と足の接地の瞬間です

言い換えればそれ以外の部分でウォーキングで身体が衝撃を受けることはありません

 

だからこそ、スピードが速くなればなるほど、

かかと着地は大事になります。

 

衝撃を受ける面積を小さくして、身体に与えるダメージを

少しでも小さくしましょう

Follow me!

関連記事

  1. パーソナルトレーニングで驚かれること
  2. 40代以降で競歩をしようとすると苦労する、、、膝を伸ばすというこ…
  3. 骨盤を使ってウォーキング、を難しくしているもの
  4. ウォーキングを始める! ウォーキング初心者が気を付けたい「目線」…
  5. 歩くスピードが速くなったら、ゆっくりウォーキングしている時のフォ…
  6. どんなウォーキングコースを、歩いてますか?ウォーキング初心者もス…
  7. ウォーキング中級者以上が気を付けたい、ブレーキを掛けて歩かないこ…
  8. 段階的にトレーニングをして競歩のフォームを身に着けよう
PAGE TOP
PAGE TOP