BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキングのスピードが出れば出るほど気を付けたいこと

スピードが速くなると、どんなことが起きるでしょうか?

車で例えてみると、ぶつかったときの衝撃が大きくなりますよね

スピードが遅ければ、衝撃は小さく

スピードが速ければ、衝撃は大きい

誰もが容易に想像がつく理屈です。

 

歩くにしても同じことが言えます

スピードが速くなれば速くなるほど衝撃は大きくなります

 

では、ウォーキングで衝撃が大きくなる部分はどこでしょうか?

 

ぶつかる部分があるとすれば。。。

それは「着地」の時ですよね

地面と足の接地の瞬間です

言い換えればそれ以外の部分でウォーキングで身体が衝撃を受けることはありません

 

だからこそ、スピードが速くなればなるほど、

かかと着地は大事になります。

 

衝撃を受ける面積を小さくして、身体に与えるダメージを

少しでも小さくしましょう

Follow me!

関連記事

  1. 1キロウォーキング、全力で「歩く」と所要時間は、どれぐらい?
  2. 77歳女性の競歩動画、競歩はトレーニングすればいくつになっても綺…
  3. ウォーキングで「足裏が疲れる」という方へ 総集編
  4. 今年1番読まれたブログ(本当は1番じゃないけど) リライト版 時…
  5. ウォーキング・競歩で「ふくらはぎ」が筋肉痛になる。。。フォームを…
  6. ウォーキングのために。スピードを出すための、「膝」の極意を100…
  7. ネガティブスピリット(後半にペースを上げる)を習得するための2つ…
  8. とある日のウォーキング(競歩)の練習、それで分かったこと
<<
PAGE TOP