BLOG

ウォーキングブログ

ウォーク・ラン スピードを出そうとするときに陥りやすいこと、そして、気を付け方

ウォークやランで、スピードが変化する場合があります。

例えば、

・周りのペースアップに対応して急にスピードを上げる

・下り坂でスピードがでる

・前に追いつこうとしてスピードを上げる。

などなど。

 

レースでもウォークでも

様々な状況でスピードが上がる場合があります。

そんなときに、一番姿勢を崩しやすいです。

 

特になりやすいのが、【身体が後傾する】ということ。

 

重心の位置を失って、重心の載らない蹴りになってしまうと

一気に体力を奪われます。

 

スピードを変えようとするときに、

まずしなければいけないのは、「ピッチを上げる」「ストライドを広げる」

というより、

=自分の重心の位置を確認してスピードに上体が負けないようにする=

ということが大切です

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング 競歩 リラックスするために「緊張しろ!」っと言われ…
  2. #ウォーキングシューズの選び方 自分のレベルに合ったウォーキング…
  3. 箱根駅伝予選会から考える ウォークでも競歩でも考えたい、どう記録…
  4. ウォームアップの仕方のYouTube動画!ぜひ観て下さい。ヒント…
  5. 自分のフォームを見ることと、それを正確に診断すること
  6. まだ、速く歩こうと思ったことが無いけど、これから速く歩こうと考え…
  7. ランで膝が痛くなる、という方へ ちゃんとウォーキングが出来てます…
  8. 考えない100歩より、考える一歩が、#楽に歩ける #速く歩ける
<<
PAGE TOP