ブログ

スタミナを生み出す理屈

長い距離を歩くときに必要なことは

動きに無駄が少ないことです。

例えば、10のスタミナがあり、1㎞進むために、1の体力を使うと

10㎞しかスタミナが持ちません。

1㎞進むために、0.5の体力で歩ければ、

倍の20㎞を歩ける計算になります。

 

スピードが遅くなると、当然消費カロリーが落ちるので

スピードを落とせば、体力が持続でき、遅くても20㎞は歩けます。

ですので、速く歩くことより、長い距離を歩く場合はペースを落とす

というのは、当然の理屈なのです。

 

そして、もっとも意識したいのは。動作効率。

いかに効率よく、身体を動かせるかが大事なのです。

Follow me!

関連記事

  1. ロングウォークをすればするほど、「楽に」のために、僅かしか進まな…
  2. 箱根駅伝予選会、映る気は無かったのですが。。。
  3. ナイトウォークは、この時期ならでは!
  4. 世界陸上ドーハ大会 自分の肩書は自分の力でしか更新できない 男子…
  5. ウォーキング-ランニングで脚が攣る方へ ②
  6. 動画フィードバック付き競歩講習会 4月 2020年
  7. WEB競歩講習会 元五輪競歩選手による初心者~中級者のための全3…
  8. 時速8.4㎞(7’08/㎞)を短期間で歩けるようになった60代男…
PAGE TOP
PAGE TOP