ブログ

スタミナを生み出す理屈

長い距離を歩くときに必要なことは

動きに無駄が少ないことです。

例えば、10のスタミナがあり、1㎞進むために、1の体力を使うと

10㎞しかスタミナが持ちません。

1㎞進むために、0.5の体力で歩ければ、

倍の20㎞を歩ける計算になります。

 

スピードが遅くなると、当然消費カロリーが落ちるので

スピードを落とせば、体力が持続でき、遅くても20㎞は歩けます。

ですので、速く歩くことより、長い距離を歩く場合はペースを落とす

というのは、当然の理屈なのです。

 

そして、もっとも意識したいのは。動作効率。

いかに効率よく、身体を動かせるかが大事なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 足の長さは左右同じではありません
  2. オンライン講座 WEB競歩講習会!全3回を8月も開催します
  3. テン6ウォーキング、初参加でも初心者でも、楽しく速く歩ける秘密
  4. 競歩のモーションキャプチャーから分かること④ 競歩の「速さ」「楽…
  5. とある日のウォーキング(競歩)の練習、それで分かったこと
  6. 2024年に向けて、パリ五輪で50㎞競歩が開催されない、その代わ…
  7. 競歩 世界陸上ロンドン放送予定
  8. 寒さを味方につけて、ちょっと頑張ってみよう
PAGE TOP