ブログ

つま先を上げる と かかと着地の違い

様々な方のトレーニングをサポートして

技術的なアドバイスをしていく中で

意外と皆さん苦手なのは、「つま先を上げる」

ということです。

 

かかと着地をするために、絶対的に必要なのですが

出来るようでいて、なかなかできません。

 

ただ、「かかとで着地をする」は皆さん問題無く出来ます。

 

こんな風に書くと???、と思われる方もいるでしょう

 

特にウォーキングではほとんどの方がかかとで着地をします。

そうしないとスムーズに重心移動ができないので。

しかし、つま先を上げる、となると、かかと着地ではなく

「つま先を上げる」ということが目的になります。

 

かかとで着地さえすれば良い、という訳では無いのです。

その辺の理解が進まないのか、かかとで着地をしているから、つま先を上げなくても良い

っと、判断されてしまうのでは?、っと考察しています。

 

同じ動作でも、似て非なる、「aruku技術」です。

 

つま先を上げることで、歩幅が3㎝広がり、着地面積が小さくなり、かかとの位置が早く下がるので素早い着地が出来る。

この3項目は、「かかとで着地をする」という意識だけでは得られません。

 

物凄く大事な「aruku技術」をサラッと書いてみました(笑)

Follow me!

関連記事

  1. WEB無料講習会 競歩初心者メニュー講座 ご質問をいただいている…
  2. 【健康ウォーキング】膝への負担を少なくするために、気を付けたいこ…
  3. ウォーキングや競歩で技術の習得は早い人は、どんな人か?
  4. ウォーキングは寒さに弱く、ペースが落ちる。効果的な対策は?
  5. 【100㎞ウォーキング】の無料オンライン講習会開催します!
  6. ウォーキング・競歩の上達の極意の1つ、それは。。。
  7. 東京五輪競歩TV解説裏話 解説者の五輪放送期間中の食生活
  8. 東京五輪50㎞競歩代表 丸尾知司選手 世界ランキング3位 匠の刀…
PAGE TOP
PAGE TOP