BLOG

ウォーキングブログ

変形膝関節症 内側に曲がっても、ウォーキングは出来ます!60代女性の場合

変形膝関節症は通常外側に湾曲(曲がる)しますが、

この方の場合は内側。

 

非常にバランスが取るのが難しく、ウォーキングすると

頭の位置が大きく左右に動いてしまうのが特徴でした

 

しかし、膝のコントロールでこれだけ内側に湾曲しても

痛みが無く、ウォーキングを時速5㎞以上で出来ています。

 

膝への負担を小さくして、歩くためにどうすればいいか?

どんな症状であっても、完全になくすことは難しいかもしれませんが

少なとも、そのフォームにあった改善の仕方はあります。

 

まず、この方の場合は「お尻のストレッチ」

それだけでも大きく歩きやすさは変わってきます。

これからまた、どう上手にこの方のフォームが変わっていくか?

楽しみです

Follow me!

関連記事

  1. 腕振りの無くて七癖、腕振りは左右バランスよく振りたい
  2. 東京五輪 競歩コース下見で感じたこと。
  3. ウォーキング 寒さ対策は、「痛み対策」
  4. 講座 歩くことはスポーツだ!やって来ました。
  5. 月1開催 WEB初心者競歩メニュー講習会が近くなってきました
  6. YouTube動画UPしました! ランナーが競歩に挑戦して失敗し…
  7. 【ウォーキング】距離?速さ?自分自身のウォーキングのレベルアップ…
  8. 女子マラソン、19年ぶりの日本記録更新! 競歩TV解説者が思うこ…
<<
PAGE TOP