ブログ

ウォーキング初心者がのんびり長距離を歩くときに気を付けたいこと。のんびり38㎞山手線1周ウォーキングしてきました

のんびり山手線1周してきました。

そこで意識したのは

 

「脚で歩かない!」

ゆっくりだったからこそ出来たウォーキングでの意識の持ち方でしょう

 

どれぐらいゆっくりだったかというと

38㎞をランチタイム休憩(1時間)を含めてぴったり10時間

朝8時にスタートしてゴールしたのはちょうど18時

歩ていた時間は9時間。

これぐらいゆっくりだと、「脚で歩く」という意識を持たなくても

歩けると思います。

 

では、「脚で歩く」という意識を持たずに歩く、というのは

どういうことでしょうか?

 

ポイントは、

・骨盤を前後に動かすことだけを意識する

このたった一つのことだけです

足を前後に動かす意識は無くして、重心の載った脚の骨盤を前後に動かすだけ。

これだけでも身体は案外進むものです。

 

そんなこと!ウォーキング初心者に出来るの???

っと思われる方も多いでしょう。

 

大切なのは、出来る出来ないではなく、

「そうやって動かそう!」

っと意識すること。

速く動かそうとなると、難しいですが、

ゆっくりなら案外出来るものです。

 

長距離であれば、フォームへの意識を気を付けられる時間も作れるもの

骨盤を前後に動かすことをだけを意識して

脚は勝手に骨盤に釣られてついてくる。

という感覚を持ってウォーキングしてみましょう

 

Follow me!

関連記事

  1. 片麻痺の方から学ぶ、ウォーキングで大事なこと
  2. 身長の高さはウォーキング 競歩でのパフォーマンスを決定づける要因…
  3. 1kmをまずは10分で歩くことは、初心者ウォーカーもベテランウォ…
  4. 75歳男性 テン8を達成、時速8㎞で10㎞を歩くのに年齢という壁…
  5. 競歩式最強ウォーキング廉価版について 在庫がわずかになってきまし…
  6. 足には左右差がある、のは普通の事です。
  7. 自分のフォームに違和感を感じることはありますか?
  8. ウォーキング 競歩で胴体の使い方
PAGE TOP
PAGE TOP