ブログ

ウォーキング初心者がのんびり長距離を歩くときに気を付けたいこと。のんびり38㎞山手線1周ウォーキングしてきました

のんびり山手線1周してきました。

そこで意識したのは

 

「脚で歩かない!」

ゆっくりだったからこそ出来たウォーキングでの意識の持ち方でしょう

 

どれぐらいゆっくりだったかというと

38㎞をランチタイム休憩(1時間)を含めてぴったり10時間

朝8時にスタートしてゴールしたのはちょうど18時

歩ていた時間は9時間。

これぐらいゆっくりだと、「脚で歩く」という意識を持たなくても

歩けると思います。

 

では、「脚で歩く」という意識を持たずに歩く、というのは

どういうことでしょうか?

 

ポイントは、

・骨盤を前後に動かすことだけを意識する

このたった一つのことだけです

足を前後に動かす意識は無くして、重心の載った脚の骨盤を前後に動かすだけ。

これだけでも身体は案外進むものです。

 

そんなこと!ウォーキング初心者に出来るの???

っと思われる方も多いでしょう。

 

大切なのは、出来る出来ないではなく、

「そうやって動かそう!」

っと意識すること。

速く動かそうとなると、難しいですが、

ゆっくりなら案外出来るものです。

 

長距離であれば、フォームへの意識を気を付けられる時間も作れるもの

骨盤を前後に動かすことをだけを意識して

脚は勝手に骨盤に釣られてついてくる。

という感覚を持ってウォーキングしてみましょう

 

Follow me!

関連記事

  1. リライト版 速くなるために必要なシンプルな思考
  2. 初心者も参考にしたい時速8㎞のフォーム解説
  3. ウォーキングを始める! ウォーキング初心者が気を付けたい「目線」…
  4. お尻・モモ裏をしっかりと伸ばす、アクティブストレッチ
  5. ウォーキング 歩いているときに、少しお腹を凹ますことを意識する
  6. ウォーキング初心者や、ウォーキングで厚底シューズを履く皆さんへ伝…
  7. 遅いほどキツイのが100㎞ウォーキング
  8. ウォーキング や 競歩で左右のバランスが悪い時に確認すべきこと
PAGE TOP
PAGE TOP