ブログ

ウォーキング 競歩 の腕振りの重要性

たまにこのブログでも腕振りの重要性を書いてますが

冬季五輪を見ていて、皆さんにもきっと分かりやすい事例なので

改めてブログに書くことにしました。

 

スピードスケートを観ていると、腕を「左右」に大きく振っています。

スケートの場合、外側に蹴って進むので、必然的に横に足が動き

そのために腕振りも大きく横に振ります。

脚の使い方と上半身が連動をしている良い例です。

 

そもそもスケートまっすぐ後ろに蹴る、なんて意識したら

誰も前に進めません、

 

ウォーキング 競歩ではまっすぐ前に足を動かすことが出来ます。

だから、うでは前後に振る必要があるのです。

Follow me!

関連記事

  1. 本格ランから僅か5ヶ月でサブ4達成! 練習時間が取れず。。。苦労…
  2. スポーツドリンクは薄めた方が良いの?
  3. ウォーキング、と言えど、その人に合った適切な距離と速度がある
  4. 時速7㎞以上で10㎞をウォーキングするための、シンプルな基礎トレ…
  5. 男子20㎞競歩代表選考が近づいてきました。YouTube配信され…
  6. 元五輪競歩選手が教える ウォーキング 競歩 の技術 膝下を振出せ…
  7. 足の長さは左右同じではありません
  8. 全力で歩く 筋肉痛になるロジックと 筋肉痛になった場所
PAGE TOP
PAGE TOP