BLOG

講師 柳澤 哲によるウォーキングブログ

ウォーキング 競歩 の腕振りの重要性

たまにこのブログでも腕振りの重要性を書いてますが

冬季五輪を見ていて、皆さんにもきっと分かりやすい事例なので

改めてブログに書くことにしました。

 

スピードスケートを観ていると、腕を「左右」に大きく振っています。

スケートの場合、外側に蹴って進むので、必然的に横に足が動き

そのために腕振りも大きく横に振ります。

脚の使い方と上半身が連動をしている良い例です。

 

そもそもスケートまっすぐ後ろに蹴る、なんて意識したら

誰も前に進めません、

 

ウォーキング 競歩ではまっすぐ前に足を動かすことが出来ます。

だから、うでは前後に振る必要があるのです。

Follow me!

関連記事

  1. #Voicy ウォーキングで弾まないシューズが良い理由 五輪が決…
  2. YouTube動画UPしました! #脚が痛くなる歩き方 理学療法…
  3. 60代女性が「1㎞を歩くタイム」から、スピードが◯◯%落ちで10…
  4. 前の歩幅(ストライド)・後ろへの歩幅(ストライド)
  5. youtube更新しました! 解説!時速12㎞ウォーク(競歩)
  6. 世界陸上ドーハ大会 研ぎ澄まされた感性でスパート合戦を制すか! …
  7. 時速6kmのスピードで「ウォーキング」できない方の特徴
  8. 早く歩きたい!という方は、まずは、この動画から見てみましょう
<<
PAGE TOP