ブログ

ウォーキング 競歩 の腕振りの重要性

たまにこのブログでも腕振りの重要性を書いてますが

冬季五輪を見ていて、皆さんにもきっと分かりやすい事例なので

改めてブログに書くことにしました。

 

スピードスケートを観ていると、腕を「左右」に大きく振っています。

スケートの場合、外側に蹴って進むので、必然的に横に足が動き

そのために腕振りも大きく横に振ります。

脚の使い方と上半身が連動をしている良い例です。

 

そもそもスケートまっすぐ後ろに蹴る、なんて意識したら

誰も前に進めません、

 

ウォーキング 競歩ではまっすぐ前に足を動かすことが出来ます。

だから、うでは前後に振る必要があるのです。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングのための腹筋をしよう!
  2. 男子20km競歩五輪代表へ、スピード勝負の20km競歩、2つの五…
  3. なぜ、ウォーキングジムパーソナルだと上達が速いのか?筋肉より先に…
  4. 在宅ワークのため生活のリズムを作るために朝にトレーニングする方が…
  5. 自分のフォームに違和感を感じることはありますか?
  6. 競歩ドリル 上級編 重心を載せて、脱力脚を振り出す
  7. ウォーキング ランニングの効果を上げる トレーニングメニューとは…
  8. ウォーキングを上達するためトレーニングメニューを考える。トレーニ…
PAGE TOP