BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング 掌(手のひら)は握るべき?開くべき?

ウォーキング をしている時に、手は握る方が良いのか?開いた方が良いのか?

そんな素朴な疑問があるかと思います。

 

腕を曲げて手を振るのであれば、当然握った方が良いです。

手を広げてしまうと、振った時の遠心力の受け止める場所が無くなり

非常に振り難いです。

 

手をだらんと下げている場合も、手は握っていた方がおススメです。

肘を曲げているときは、肘が振り子の重りになりますが

腕を下げてるときは拳が錘になります。

その錘が開いていると、錘として振り難くなります。

 

腕を曲げても、だらんと伸ばしても

共通して気を付けなければいけないことがあります。

それは親指の向き

親指の向きは、進行方向やや内側

そうすることで重心が腕振りで左右にブレ無くなります。

 

そして、拳を握るときは、ギュッと握りしめない

良く言われますが、「卵をもつ」という感覚

これも大切にして下さい

Follow me!

関連記事

  1. 【速く(早く)歩く】上手く歩けているときは、足は「勝手に前に」出…
  2. YouTube動画UPしました! 初心者向け ウォーキングの肘を…
  3. ウォーキング 自宅で出来る「腕の振り方」トレーニングをしよう
  4. 地面に逃げられていませんか? ちゃんと地面を掴まえることが出来て…
  5. ウォーキングで重要なのは、足ではありません
  6. 東京エクストリームウォーク100㎞ 完歩おめでとうございます!
  7. #Voicy #ウォーキング やトレーニングの時、音楽を聴きなが…
  8. 時速7㎞以上で10㎞以上をウォーキングするための、シンプルな基礎…
<<
PAGE TOP