ブログ

「ゆっくり走りたいけいど走れない…」への回答

故障で2か月程度、走れなかった方が

ようやく走れるようになってきました。

 

患部への負担が大きくならないように

走りの効率化を図っていったら、表題のような質問が。。。

 

患部に負担が掛からないように、

ゆっくり走りたいのに、フォームの効率化がなされてゆっくり走れない

っと(苦笑)

 

回答はそんな難しいことではありません。

結論から言うと、「ピッチ(回転数)を遅くすること」

です。

歩幅を短くしようとすると、反って蹴りの力が強くなり

歩幅が短くならないパターンの方が多いので

まずは腕振りのリズムをゆっくりして上げる。

 

そのことを意識しましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. ミッション、国際免許証を取得せよ
  2. ウォーキングを向上させるトレーニング方法④ ゆっくりウォーキング…
  3. 「パーソナルの良いとこってそこですよね!」っと言われた件
  4. 2021 元旦競歩 お疲れさまでした。
  5. 身体を動かすために持ちたい「極意」
  6. 8月13日 ウォーカーズ 歩くことはスポーツだ 4度目?の再放送…
  7. 動画付き競歩講習会in大阪 2020年2月
  8. 大会を運営する側と選手が対等ではない、ということが浮き彫りになっ…
PAGE TOP