ブログ

「ゆっくり走りたいけいど走れない…」への回答

故障で2か月程度、走れなかった方が

ようやく走れるようになってきました。

 

患部への負担が大きくならないように

走りの効率化を図っていったら、表題のような質問が。。。

 

患部に負担が掛からないように、

ゆっくり走りたいのに、フォームの効率化がなされてゆっくり走れない

っと(苦笑)

 

回答はそんな難しいことではありません。

結論から言うと、「ピッチ(回転数)を遅くすること」

です。

歩幅を短くしようとすると、反って蹴りの力が強くなり

歩幅が短くならないパターンの方が多いので

まずは腕振りのリズムをゆっくりして上げる。

 

そのことを意識しましょう!

 

Follow me!

関連記事

  1. 講習会in大阪は「台風」で中止。楽しみにしていた方が多く、残念。…
  2. 【レポート】座学ウォーキング講習会 全3回 無事に終了
  3. すみません、鼻声です… 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑥
  4. 「怪我をするために、走っているようなものだよ」と医師に言われてし…
  5. 身体を動かすために持ちたい「極意」
  6. 世界陸上ドーハ大会 男子50㎞競歩 初の大舞台、挑戦者として悔い…
  7. 2015年世界陸上北京大会  日本競歩初のメダル獲得!20㎞競歩…
  8. 競歩初心者、競歩にやってみたい!思っている方への無料WEBイベン…
PAGE TOP