ブログ

競歩でスピードを殺さずに前に進むために

リオ五輪50㎞競歩の動画です。

荒井選手が銅メダルを獲得したraceです。

50kmですのでスピード感はありませんが、3時間41分ぐらいでトップはゴールしています

つまり、時速13.57㎞(4’25/㎞)という計算です。

マラソン換算だと3時間6’30秒。

その速さが分かると思います。

 

世界のトップ選手と言えども皆同じフォーム、という訳ではありません

基本をベースに自分にあったフォームにカスタマイズしています。

 

その基本が、スピードを殺さない競歩動き、と言って良いでしょう

 

正面からのフォームを見ると、一般的に「お尻(腰)を振っている」

と言う動作は皆無です。

どちらかと言うと背骨を軸に骨盤が前後に動いている、っといった方が正確です。

 

足を前に持ち上げる、といった動作もありません。

下半身の動作が良く言えば柔らかく、擬音で言えば「ぐにゃぐにゃ」

と動いている感じです。

 

つまり、着地の衝撃を受け流して前に進む力に変えている。

この「ぐにゃぐにゃ」があるからこそ、スピードを殺さずに

速く歩く、が出来るのです。

 

#ウォーキング #ウォーク #ウォーキングトレーナー #パーソナルトレーニング #パーソナルトレーナー

Follow me!

関連記事

  1. 身体を動かすために持ちたい「極意」
  2. 75才女性で昨年よりハーフマラソンで10分記録を更新 パーソナル…
  3. フルマラソンで30㎞からペースアップ出来た理由
  4. ウォーキング ランニングの効果を上げる トレーニングメニューとは…
  5. 104年で初めての衝撃 日本選手権50km競歩中止決定
  6. 無責任な批判、スポーツを見てるとしたくなりますが「リスペクト(敬…
  7. 値段が高いシューズほど靴底の減りが早い理由
  8. ウォーキングジムパーソナルでランで受講されている方がいます。ラン…
PAGE TOP