ブログ

競歩のルールに骨盤を使って歩け!というルールは無い

競歩のルールは、2つだけです

-どちらかの足が一瞬でも良いので地面に接地している

-着地した足は垂直なるまで膝を伸ばさなければならない

 

この事で分かるのは

競歩とは、必ずどちらかの足が地面に着いていて、膝を伸ばして歩く事、という解釈が出来ます。

ですが、多くの方は「骨盤」を使って歩く事が「競歩」

っと思っている方が多いです。

ですが、

ルール上では骨盤を使って歩け!

とは、一言も触れてません。

つまり、競歩で骨盤を使ってあるかなければいけない

という訳ではないのです

 

骨盤を使って歩くのは、あくまでも

「速く歩くためのテクニック」

 

世界陸上では、多くのトップアスリートが参戦します

大きく骨盤を使う選手

コンパクトに骨盤を使う選手

様々です。

骨盤を使って速く歩く

ということはどういうことなのか?

ぜひ世界陸上で観察してみて下さい

 

#ウォーキング #パーソナルウォーキング

Follow me!

関連記事

  1. TV出演の告知です。
  2. ウォーキング 競歩 コーチをするということは「学び続けること」
  3. 科学的根拠より、先入観によるマナーが優先される状況ですが、知って…
  4. 世界陸上ドーハ大会 競歩躍進に想う事
  5. 圧巻のレース、大迫選手。井上選手に足らなかったもの。「世界に通用…
  6. 競歩は 脚線美作り ウェストを細くする 最適な エクササイズ
  7. 山手線の新たな企画
  8. ウォーキングしながら筋トレはできるの?
PAGE TOP