ブログ

競歩のルールに骨盤を使って歩け!というルールは無い

競歩のルールは、2つだけです

-どちらかの足が一瞬でも良いので地面に接地している

-着地した足は垂直なるまで膝を伸ばさなければならない

 

この事で分かるのは

競歩とは、必ずどちらかの足が地面に着いていて、膝を伸ばして歩く事、という解釈が出来ます。

ですが、多くの方は「骨盤」を使って歩く事が「競歩」

っと思っている方が多いです。

ですが、

ルール上では骨盤を使って歩け!

とは、一言も触れてません。

つまり、競歩で骨盤を使ってあるかなければいけない

という訳ではないのです

 

骨盤を使って歩くのは、あくまでも

「速く歩くためのテクニック」

 

世界陸上では、多くのトップアスリートが参戦します

大きく骨盤を使う選手

コンパクトに骨盤を使う選手

様々です。

骨盤を使って速く歩く

ということはどういうことなのか?

ぜひ世界陸上で観察してみて下さい

 

#ウォーキング #パーソナルウォーキング

Follow me!

関連記事

  1. 20㎞競歩 でメダルを獲得するための合宿というのが本題の合宿です…
  2. 100kmウォーキングUWTT に想う・・・
  3. 100kmウォーク 吐き気対策のはなし
  4. コーチだからこそ皆にはそれぞれに合った言葉で「声」を掛けたい
  5. 競歩 ( フォーム動画)が 体幹 のトレーニング になり、柔軟に…
  6. ウォーキングをスポーツとして発展させるために!
  7. 初心者講習会 終了報告!
  8. マスターズ陸上競歩で大幅自己記録&クラス別優勝
PAGE TOP