ブログ

ウォーキングで速いペースを維持するために腕振りを見直そう!

ウォーキングの腕振りは、難しいです。

力を入れずに腕を振れるようにならないと、

スピードを出そうとして、腕を曲げたときに

どうしても「力」が入った力んだ腕振りになります。

 

スピードが長続きしない方の多くはこの腕振りに原因があります。

力が入った腕振りは、ある程度の距離はスピードを出すのに

大きな力を発揮しますが、力任せなのですから

長く続く、ということはありません。

 

ペースを持たすためには、力任せでない腕振りが絶対条件になるのです。

 

そもそも、腕を振るのに力で《前後》に振る必要はあるのでしょうか?

力任せの腕振りで重心が身体の中心からブレてはいないのか?

そのことを考えて、楽に腕を振れるようになることが大切です

Follow me!

関連記事

  1. 東京マラソンで一番印象に残ったのは、大迫選手ではなく、高橋尚子さ…
  2. ウォーキングかランなのか?それを判断するシンプルな方法
  3. 変形膝関節症 でしていい ウォーキングの距離・速度・頻度の要因
  4. 金メダリストの結婚式。良い結婚式でした!そこでご両親に掛けられた…
  5. 6月10日放送 TBS 炎の体育会TVに出演します 声だけですが…
  6. まだ、速く歩こうと思ったことが無いけど、これから速く歩こうと考え…
  7. 明日は2019UWTT!
  8. 2019行橋別府100㎞ウォーク、12時間台ゴールの樋熊くん
PAGE TOP