ブログ

ウォーキングで速いペースを維持するために腕振りを見直そう!

ウォーキングの腕振りは、難しいです。

力を入れずに腕を振れるようにならないと、

スピードを出そうとして、腕を曲げたときに

どうしても「力」が入った力んだ腕振りになります。

 

スピードが長続きしない方の多くはこの腕振りに原因があります。

力が入った腕振りは、ある程度の距離はスピードを出すのに

大きな力を発揮しますが、力任せなのですから

長く続く、ということはありません。

 

ペースを持たすためには、力任せでない腕振りが絶対条件になるのです。

 

そもそも、腕を振るのに力で《前後》に振る必要はあるのでしょうか?

力任せの腕振りで重心が身体の中心からブレてはいないのか?

そのことを考えて、楽に腕を振れるようになることが大切です

Follow me!

関連記事

  1. 皇居1周リレーウォーク 麻痺を持つ方が皇居でタスキを1周させる、…
  2. 漠然と歩かないことで、より高い健康効果をもたらす理由
  3. 九州の皆様、お待ちしてます‼️
  4. 100kmウォーク 練習会に講師で参加してきました@塩谷
  5. 競歩 & ウォーキング講習会を福岡でやります!!!決まりました!…
  6. 無料WEB競歩講習会 開催します!テーマは [高校生のための競歩…
  7. 福岡開催 動画フィードバック付き競歩&ウォーキング講習会 201…
  8. 歩いてるの?走っているの?誤解されないウォーキングの仕方
PAGE TOP
PAGE TOP