ブログ

前に進むという事と、前に足を出すことは違うんです

身体を前に進ませるために、意識しなければいけない筋肉は

身体の後ろ側の筋肉です。

 

ですが、講習に来るいろいろな方と話していると

そう考えていない人は、意外に多いです。

前に進むのだから、身体を前に出すために身体の前面にある筋肉を使う!

と考える、という事です。

 

身体を前に出すということと、前に進ませる、ということは

同じことのようで、まったく別の事です。

例え、前に足を出せたとしても、その後に身体を前に進ませるために

働くのは、身体の後ろ側の筋肉です。

 

その逆も然り、と思うのも当然でしょう。

「後ろに蹴ったあとに、結局は足を前に運ぶために、前に出す筋力も必要ではないか?」

ということです。

 

もちろん、そうなのですが、身体を前に出すために使う筋力を最低限にする方法があります。

それが「骨盤を使って歩く」です。

右の腰でしっかりと後ろに蹴ることが出来れば、自ずと反対側の腰が前にでるので

足を前に出す、という事への意識をほとんど持つ必要が無くなるのです。

 

伝わりましたかねぇ!

 

Follow me!

関連記事

  1. 2015年世界陸上北京大会  日本競歩初のメダル獲得!20㎞競歩…
  2. 競歩 ウォーキング で 長距離では、ペースを作る時に意識したいこ…
  3. 男子マラソンが活況です! 一般ランナーは誰を真似すべきか?
  4. 2007年世界陸上大阪大会 山崎選手への誤誘導事件 競歩のテレビ…
  5. NHK おはよう日本、に出ました!
  6. メール通信 ご好評いただいてます!
  7. 今日の最高気温は38度で、東京の暑さ対策
  8. 競歩でスピードを殺さずに前に進むために
PAGE TOP
PAGE TOP