ブログ

東京マラソンで一番印象に残ったのは、大迫選手ではなく、高橋尚子さんの凄さ!

寒さは皆さんが想像する以上に体力を奪います。

それは、哺乳類である以上、体温を一定に保とうと身体が働くので

冷えれば冷えるほど、体温を作ろうとします。

それが追い付かなくなると、低体温症となり運動能力が著しく低下します。

 

大迫選手のように体脂肪が少ない選手は

保温機能となる脂肪が少ないため、この寒さはかなり応えたはず。

きっと、この寒さで雨では棄権するだろうなあ、っと思っていたら

予想通りでした。(ちなみに本日テン6でしたが中止しました)

 

勝ったエチオピアのビルハノ・レゲセ選手をみると、大迫選手ほど身体の脂肪を絞っておらず

身体的にはまだ余裕がある印象でした。

 

今大会で、一番印象に残ったのは、

高橋尚子さんが、山中教授の走りが画面に映し出されて

それに対して、しっかりとコメントしてたことです。

 

普通の事じゃない?って、思われるかもしれませんが

 

山中教授を映している映像は、山中教授の「顔」が中心で

フォームをまったく映していませんでした(笑)

顔だけでフォームを解説を振るアナウンサー

そして、それに違和感なく答える高橋さん。。。

恐るべし!です。

Follow me!

関連記事

  1. パーキンソン病 手の震えを止める簡単な方法
  2. 100kmウォークでは何を装備すればいいの?supported …
  3. 【レポート①】メール通信トレーニング 50代女性の場合 時速6.…
  4. インタビュアーが盛り上がれば盛り上がるほど、盛り下がる・・・
  5. テン6ウォーキング、初参加でも初心者でも、楽しく速く歩ける秘密
  6. 理学療法士の先生方と変形性膝関節症のウォーキングの勉強会
  7. Jアラートを目覚ましと勘違い…
  8. 夜の都心をウォーキング!!
PAGE TOP
PAGE TOP