ブログ

黒人トップアスリートの走りの秘密、東京マラソンが変えた景色から見えたものとは?

昨日から朝の代々木公園は、さながらケニアかエチオピアか

という状況になっていました。

っというのも去年もそうでしたが、

海外の招待選手が朝練習で代々木公園を使っているからです。

 

男女合わせて15名ぐらいの黒人選手が集団で走る姿は圧巻で

音もなく集団がやってきて、音もなく追い越していきます。

 

1㎞ぐらいの短い周回コースなので、何度も真横を抜かされるので

沿道やTVで観るより、じっくりと彼らの走りを観察できました。

柔らかく無駄のないバネで、脚は高く上がり、しかし、上下動がほとんどありません。

 

それは、彼らが抜き去っていくときに、「音」が無い

っという事からも、その走る技術の高さが良く伝わってきます。

 

どういうことかと言うと、脚は巻き上げて高い位置まで上がるが

振出て着地をするときの足の位置(踝から下、というか足の裏というか)が

地面をあれだけ高い軌道を描いても、叩くように接地をしないので、

着地の音が出ないのです。

 

足を叩かないので、上下のリズムが無く、頭の位置も一定。

その集団が真横をほぼ音もなく、追い付き追い越すのですから

迫力の一言。

勉強になりました!

Follow me!

関連記事

  1. 講習会in福岡 2日目 無事終了
  2. 世界競歩チーム選手権、続け!男子20㎞!!!
  3. 水分を摂ってもトレーニング後に水分を摂りたくなる・水のシャワーを…
  4. 競歩式最強ウォーキングのタイトルの本当の意味
  5. 時速8kmでウォーキングが出来るようになれば、広がるコミュニケー…
  6. ユニバーシアードで20km男子競歩!日本選手表彰台独占!
  7. 久々のほぼ全力5km!競歩@塩谷講習会
  8. メール通信 ご好評いただいてます!
PAGE TOP