BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング・競歩で 太もも外側を痛める人へ

ウォーキングや競歩で、つま先は開かない方が良いです。

つま先が開いてしまうと、ハムストリングスが上手く使えなくなるからです。

※ハムストリングスとは一般には「お尻から太ももの裏側」

 

つま先が開いて足をまっすぐに蹴る動作(後ろに足を引いて体を前に押し出す動作)

をするとハムストリングスではなく、太ももの外側(外側広筋)を

主に使うことになってしまいます。

これが、足の外側を痛める大きな原因となってしまいます

 

そのまま歩き続けると腸脛靭帯を痛めることも多く

足首にも負担が大きくなります

つま先が開く癖のある方は、ぜひ治したいです

 

トレーニングの仕方としては「線上」を歩くこと

車に気を付けてくやってみて下さい

Follow me!

関連記事

  1. #Voicy 笑い転げた後に、起きた衝撃の結末
  2. 「鬼滅の刃」を読んで想う、作者は勉強熱心
  3. ロンドン最終日 世界陸上ロンドン2017 解説日記⑧
  4. 1月17日のLive配信反省会(忘備録的に)
  5. 【ウォーキング 競歩のトレーニング】をして、疲れる場所でフォーム…
  6. 走ってダッシュ、歩いてダッシュ、どっちが速く身体を動かせますか?…
  7. アジア大会中ですが、ナショナル合宿中です
  8. テン6ウォークのディプロマ、更新しました!
<<
PAGE TOP