ブログ

ウォーキング・競歩で 太もも外側を痛める人へ

ウォーキングや競歩で、つま先は開かない方が良いです。

つま先が開いてしまうと、ハムストリングスが上手く使えなくなるからです。

※ハムストリングスとは一般には「お尻から太ももの裏側」

 

つま先が開いて足をまっすぐに蹴る動作(後ろに足を引いて体を前に押し出す動作)

をするとハムストリングスではなく、太ももの外側(外側広筋)を

主に使うことになってしまいます。

これが、足の外側を痛める大きな原因となってしまいます

 

そのまま歩き続けると腸脛靭帯を痛めることも多く

足首にも負担が大きくなります

つま先が開く癖のある方は、ぜひ治したいです

 

トレーニングの仕方としては「線上」を歩くこと

車に気を付けてくやってみて下さい

Follow me!

関連記事

  1. 競歩の魅力って何ですか? これから私が良く聞かれる質問の1つ、そ…
  2. 少人数制動画付き講習会が好評な理由は・・・
  3. ウォーキングかランなのか?それを判断するシンプルな方法
  4. アメリカのマスターズ陸上競歩 動画
  5. ウォーキング初心者でも時速7㎞以上に挑戦できる簡単な練習方法
  6. 早速、感想のメールを頂きました!WEB講習会 心拍数を活用したト…
  7. マエストロ ジョルディリョパルトを想う①
  8. プロ野球開幕!のスポーツ界における意義
PAGE TOP
PAGE TOP