BLOG

ウォーキングブログ

ウォーキング・競歩で 太もも外側を痛める人へ

ウォーキングや競歩で、つま先は開かない方が良いです。

つま先が開いてしまうと、ハムストリングスが上手く使えなくなるからです。

※ハムストリングスとは一般には「お尻から太ももの裏側」

 

つま先が開いて足をまっすぐに蹴る動作(後ろに足を引いて体を前に押し出す動作)

をするとハムストリングスではなく、太ももの外側(外側広筋)を

主に使うことになってしまいます。

これが、足の外側を痛める大きな原因となってしまいます

 

そのまま歩き続けると腸脛靭帯を痛めることも多く

足首にも負担が大きくなります

つま先が開く癖のある方は、ぜひ治したいです

 

トレーニングの仕方としては「線上」を歩くこと

車に気を付けてくやってみて下さい

Follow me!

関連記事

  1. 【ウォーキング】で健康になる、そのために”速く歩けなくても、速く…
  2. 【レポート】ウォーキング&競歩講習会in大阪① 2017年4月
  3. チャリティー競歩講習会 再延期のお知らせ
  4. 【座学】ランニング・ウォーキングのための心拍数を活用した、トレー…
  5. ウォーキングジムパーソナルで、70歳女性が「辛かったこと」
  6. 長文です! 50㎞競歩廃止報道について TV解説者として解説!
  7. 16回テン6ウォーク無事に終了!
  8. 「勝利の条件」撮影裏話
<<
PAGE TOP