ブログ

マスターズ陸上で競歩の最高峰の国内大会とは

元旦競歩はおそらくマスターズ陸上の最高峰の大会でしょう

それは、なぜか?

日本選手権で審判をするJRWJ(日本陸連競歩審判員)の資格を有する

複数の審判員から判定されるからです。

 

当然、多くの選手は失格します。

ですが、それだけにゴールしたという価値は高いのです。

 

マスターズ陸上の地方大会に出た方から

「明らかに走っている」「膝が明確に曲がっている」それでもゴールした選手がいる

という報告をもらいます。

 

実際に地方の審判では、クレーム対応が面倒だったり

審判が数合わせでいるだけであったりして、

しっかりと審判体制が整っていないことが散見されます。

 

それで、良いタイムでゴールして「競歩ってこんなものか」

っと思われるのはとても残念です。

ルールが曖昧で順位が決まる大会では、ルールに抵触する選手がゴールできてしまう。。。

全日本と名前がついたとしても、最高峰とは言えないでしょう。

 

JRWJ(日本陸連競歩審判員)が揃う「元旦競歩」

マスターズ陸上の最高峰の大会と言っても過言でもないでしょう

 

だからこそ、多くのマスターズ選手に挑戦してもらいたいです。

この大会でゴールできたことが、「大きな価値」となって欲しいです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 自分のフォームを見ることと、それを正確に診断すること
  2. 被災された皆様へ お見舞い申し上げます
  3. 8月13日 ウォーカーズ 歩くことはスポーツだ 4度目?の再放送…
  4. ウォーキングで両足のバランスが悪く、課題のある脚はもちろん痛い、…
  5. 選手にも観客にも、まったく配慮してません、選手ファーストとは言わ…
  6. 怪我が多く活躍できなった4年生の卒業に贈った言葉
  7. ウォーカーズで学ぶ、楽なウォーキング 観るべきポイントは?
  8. ウォーキング のパフォーマンスが寒くて落ちる。対策としてシンプル…
PAGE TOP