ブログ

マスターズ陸上で競歩の最高峰の国内大会とは

元旦競歩はおそらくマスターズ陸上の最高峰の大会でしょう

それは、なぜか?

日本選手権で審判をするJRWJ(日本陸連競歩審判員)の資格を有する

複数の審判員から判定されるからです。

 

当然、多くの選手は失格します。

ですが、それだけにゴールしたという価値は高いのです。

 

マスターズ陸上の地方大会に出た方から

「明らかに走っている」「膝が明確に曲がっている」それでもゴールした選手がいる

という報告をもらいます。

 

実際に地方の審判では、クレーム対応が面倒だったり

審判が数合わせでいるだけであったりして、

しっかりと審判体制が整っていないことが散見されます。

 

それで、良いタイムでゴールして「競歩ってこんなものか」

っと思われるのはとても残念です。

ルールが曖昧で順位が決まる大会では、ルールに抵触する選手がゴールできてしまう。。。

全日本と名前がついたとしても、最高峰とは言えないでしょう。

 

JRWJ(日本陸連競歩審判員)が揃う「元旦競歩」

マスターズ陸上の最高峰の大会と言っても過言でもないでしょう

 

だからこそ、多くのマスターズ選手に挑戦してもらいたいです。

この大会でゴールできたことが、「大きな価値」となって欲しいです。

 

Follow me!

関連記事

  1. 世界競歩チーム選手権、選手・スタッフに想いを託す、と。。。
  2. レビュー2020年日本選手権神戸20㎞競歩
  3. 身長の高さはウォーキング 競歩でのパフォーマンスを決定づける要因…
  4. 100㎞ウォークチャンピオンとのウォーキング対談 Vol1 10…
  5. 東京五輪 競歩中継を見て、競歩をやってみたい!っと思ったランナー…
  6. 箱根駅伝予選会2019 33年連続出場が途断える
  7. MGC 勝敗を分けたフォーム そして「速さ=強さ」ではない 設楽…
  8. 速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか…
PAGE TOP
PAGE TOP