ブログ

メール通信・パーソナルを受講されてる皆さんの、結果一例

秋は大会が多く、トレーニングをパーソナルだったり、メール通信トレーニングだったりで

トレーニングサポートをさせて頂いた皆さんの結果が出てきています。

もちろん、何か試合に出る、ということを目標にしていない方もいるので

のんびりと楽しんでいる方もいます。

 

その中で、この秋にサポートさせて頂いた皆さんがどんな結果を出したか、というと。

 

「前十字靭帯断裂で、変形膝関節症の方」
トライアスロンスプリントディスタンスで完走 最後のランは「競歩式ラン」で走り29分で5㎞
※テーピングを切って張った時間も含めなので実際はもっと速い

「散歩程度ウォーキングをしかしていなかった方」
予定よりも2か月速くテン7達成(時速7㎞で10㎞をウォーキング

「身長が低く、ウォーキング中の体調不良に悩まされていた方」
100㎞で大幅な自己記録更新で、完歩!

「変形性膝関節症でも競歩のマスターズ大会に出場された方」
目標としていた10㎞1時間10分切りを達成し、変形性膝関節症術後に久々に会心のレース

などなど

様々な目標で、様々な結果を出しています。

 

成功の要因の1番は、やはり受講される方のモチベーション。

これに尽きます。

「メール通信トレーニング」は特に自発的に自分でトレーニングをしないと

いけないので、途中で「トレーニング報告」を送らなくなる・・・

なんて方もいなくはありません。

 

スポーツの良いところは、努力がちゃんと返ってくるところ

もちろん、目標達成が出来な場合もありますが、それでも思わぬ副産物として

返ってきます。

 

皆さんは、この秋、どんな風にスポーツを楽しんでいますか?

Follow me!

関連記事

  1. ナイキの厚底シューズのウォーキングや競歩での威力を探る
  2. 目標達成の可能性を高めるには!
  3. 東京エクストリームウォーク 膝の骨折経験があっても20時間でゴー…
  4. 第4回 飯塚〜武雄 100km 中止にイベントをいろいろと主催す…
  5. ウォーキングする人も 競歩をする人も 陸上競技の選手を好きになっ…
  6. 彼はスーパーヒーロー。鈴木雄介選手の50㎞競歩代表”辞退”に想う…
  7. インタビュアーが盛り上がれば盛り上がるほど、盛り下がる・・・
  8. 「速さ」には、「楽」が必要
PAGE TOP
PAGE TOP