ブログ

50km競歩にもスピード化を呼びこんだ大会となった、2019年日本選手権50km競歩

日本選手権50km競歩が無事に終わりました。

今回は、外国人チームのアテンドだったので

非常に気疲れしました

っと言っても、これからまだ彼らを

のと空港まで送り、一緒に羽田まで行かないといけないので

まだ、完全には終わってませんが…

 

大会としては、鈴木選手が50kmでも日本記録を更新し

20-50kmと両方の日本記録を保持することになりました!

これは凄い事です。

走ると比較すれば、5000mの選手がマラソンでも日本記録を出した、という感じです

 

その彼の強さの秘密は独特のフォームです

真似しようにも簡単には出来ません

脚が低く、滑るように脚を運びます

 

上下動がまったく無く、身体が滑るように前に進みます。

少し肩を引く感じで歩くのも独特です

 

これで、50kmも一気にスピード化が加速しました。

20kmと50kmの垣根が一段と下がった感じです。

鈴木選手だけでなく、2位になった川野選手も

先日の能美大会20km競歩で1時間17分台で歩いた

「大学生」

 

日本競歩の劇的なレベルアップを象徴する

今回の大会でした。

Follow me!

関連記事

  1. 東京エクストリームウォーク 事前確認をしておきたい曲がるポイント…
  2. 初心者が目指すべきは、速さ?正確性?
  3. 改めて西日本豪雨災害にお悔やみ申し上げます。とともにボランティア…
  4. 歩幅と認知症 ニュース記事より
  5. ウォーキングを上達するためトレーニングメニューを考える。トレーニ…
  6. 【レポート】4月開催 ウォーキング講習会in砧公園
  7. トップアスリートの秘密を解明する研究者の苦悩
  8. 長時間ウォーキングすると、脚(足)が痛くなるという方へ 100㎞…
PAGE TOP