ブログ

時速7㎞以上で10㎞をウォーキングするためのシンプルな基礎トレ 【時速8㎞で歩くフォームも参考にしよう・フォームの流れ】

動画を解説します。

まずは、動画は通常のスピード(7秒)とスロー再生(41秒)に分かれています。

この3つで構成されている理由は、

 

通常スピードで「フォームの流れ」を確認する

スロー再生で「フォームの流れが作る身体の使い方」を確認する

超スロー再生で「部位別の使い方」を確認する

が目的です。

 

スロー再生だけで見てしまうと、

いつどこでリラックスしていて、

いつどこで緊張しているか?が分からなくなるからです。

流れ確認せずに、部分を確認しても意図が見えてきません。

 

では、「フォームの流れ」を確認してみましょう

・肘を曲げ腕を振っている

・つま先が上がりかかと着地が出来てる

・膝が伸びて後ろに蹴りだしている

この辺がパッと見て分かるところです。

腕振りが緊張している(終始、力が入っている)のが分かります

この辺は要改善点です

 

下半身を見ると、硬さがありますが、

膝下の振出がリラックスしているのは分かります。

膝下が伸びるようにして前に振り出されてくる

それが結果として「かかと着地」を作ってるのが分かります

 

この膝下の振出の起点になっているのは、実は骨盤

太もも前面の筋肉ではありません。

腰が「奥から前に動いてくる」という様子が左の骨盤をみるとよく分かります。

 

膝下をリラックスして振り出すことは、楽に速く歩くための必須条件なのが分かります

 

Follow me!

関連記事

  1. 9割女性参加者にみる、女性の強さと美しさ
  2. 全3回初級者歓迎~中級者 競歩講習会の1回目が終わって頂いたメー…
  3. 九州の皆様 アンケートの回答、お待ちしております! 印象に残った…
  4. ウォーキングで「速いペース」を維持するために大切なこと
  5. ウォーキング人口 4000万人に想う
  6. 競歩の歩く技術、パーキンソン病の方もスムーズにウォーキング
  7. 50代女性が、いつまでも自分の足で「好きな場所へ行き」「好きなこ…
  8. ウォーキングで速く歩けた時に、感じる感覚
PAGE TOP
PAGE TOP