ブログ

時速7㎞以上で10㎞をウォーキングするためのシンプルな基礎トレ 【時速8㎞で歩くフォームも参考にしよう・フォームの流れ】

動画を解説します。

まずは、動画は通常のスピード(7秒)とスロー再生(41秒)に分かれています。

この3つで構成されている理由は、

 

通常スピードで「フォームの流れ」を確認する

スロー再生で「フォームの流れが作る身体の使い方」を確認する

超スロー再生で「部位別の使い方」を確認する

が目的です。

 

スロー再生だけで見てしまうと、

いつどこでリラックスしていて、

いつどこで緊張しているか?が分からなくなるからです。

流れ確認せずに、部分を確認しても意図が見えてきません。

 

では、「フォームの流れ」を確認してみましょう

・肘を曲げ腕を振っている

・つま先が上がりかかと着地が出来てる

・膝が伸びて後ろに蹴りだしている

この辺がパッと見て分かるところです。

腕振りが緊張している(終始、力が入っている)のが分かります

この辺は要改善点です

 

下半身を見ると、硬さがありますが、

膝下の振出がリラックスしているのは分かります。

膝下が伸びるようにして前に振り出されてくる

それが結果として「かかと着地」を作ってるのが分かります

 

この膝下の振出の起点になっているのは、実は骨盤

太もも前面の筋肉ではありません。

腰が「奥から前に動いてくる」という様子が左の骨盤をみるとよく分かります。

 

膝下をリラックスして振り出すことは、楽に速く歩くための必須条件なのが分かります

 

Follow me!

関連記事

  1. 無意識を意識した瞬間(笑)
  2. 久々のほぼ全力5km!競歩@塩谷講習会
  3. 今の時期に熱中症対策をする大切さ
  4. 競歩のモーションキャプチャーから分かること④ 競歩の「速さ」「楽…
  5. 身長の高さはウォーキング 競歩でのパフォーマンスを決定づける要因…
  6. 世界競歩チーム選手権、選手・スタッフに想いを託す、と。。。
  7. 黒人トップアスリートの走りの秘密、東京マラソンが変えた景色から見…
  8. ウォーキングで重要なのは、足ではありません
PAGE TOP