BLOG

ウォーキングブログ

競歩のモーションキャプチャーから分かること② 押す力の重要性

モーションキャプチャーで、驚かれた一つに

頭の上下動がほとんどない、ということは前回①でもお話しました。

 

そして、上記写真、地面に「4」とあるところから赤い線が腰に向かって伸びています。

この赤い線は何を指しているかというと

地面への圧力の強さと方向です。

線が長ければ長いだけ、強い力が掛かっているということです。

 

ちょうど左足(緑色の足)で地面を「いわゆる蹴っている」という瞬間なので

赤い線が長く出ています。

 

皆さんがイメージする、つま先で地面を蹴るならば、この位置で強くふくらはぎで

地面を蹴れば、頭の位置は上に上がりますが、そんなことは起きませんでした。

つまり、力は確実に地面に伝わっている(赤い線よりそれがわかります)。

しかし、頭の位置は変わらない
(動画でなくて恐縮ですが、ふくらはぎで地面を蹴ればかかとの位置はもっと高いはず)

そのことからも、足の力は地面を「押す力」(蹴ることで身体が浮くのではなく、地面に力を伝えている)

によって、前に進んでいるのが分かります。

 

つま先で、地面を蹴るのでは無いのです。

「押す」なのです。

Follow me!

関連記事

  1. 延期を前向きにとらえたい、、、「2020+1 東京日本五輪」
  2. ウォーキングで、速く歩くために、速く歩こうとしない
  3. 20㎞競歩日本のエースが海外での初表彰台で見せた可能性と課題
  4. 東大名誉教授 石井直方先生監修のもと、東大病院で5時間のエクササ…
  5. ウォーキングのためのウォーミングアップ
  6. 日本競歩の展望
  7. 100kmウォークを秋に挑戦する方がこの時期にするべきこと
  8. ウォーキング(歩いて)でサブ5を目指す。まず出来るようになりたい…
<<
PAGE TOP