ブログ

脳梗塞 半身麻痺からのウォーキング ①

トップアスリートや、速く歩きたい!っと方だけなく

 

講習会に参加されたことのある整形外科の先生に勧められて

パーソナルウォーキングジムに受講を始めた女性の最初のウォーキングフォームです。

心臓病手術を経て、脳梗塞を併発し、左半身麻痺になり

リハビリ後にも、しりもちで脊柱管狭窄症になる。

そんな経歴ですが、人生を謳歌すべく、新しい自分に出会う挑戦を始めました。

 

得意分野は競技スポーツですが、その競技スポーツでのノウハウは

社会に役立ってこそ、競技スポーツの価値が高まると思っています。

 

難しいことや、無理をするわけでなく

出来ることに少しずつ気がつき、

その繰り返しが新たに出来ることを生む、

それは選手が普通に選手としてレベルアップしていくのと、実は同じことなのです。

歩幅が小さく、左足に体重が乗らないので、右手の杖で身体を支え

右足で左足を前に出して、歩いています。

 

安全第一で、例え歩みは遅くとも、

「ウォーキングって楽しい!」

っと思ってもらえるように、サポートしていきたいと思います

Follow me!

関連記事

  1. 日本陸連もSNSを活用する時代。20㎞競歩の飛躍のために!
  2. ウォーキング・競歩の上達の極意の1つ、それは。。。
  3. ウェストを絞る!(引き締める)を意識してウォーキング
  4. 日本選手権50㎞競歩輪島大会中止に想う、、、
  5. ウォーキング 腕振り 肘を曲げる 肘を伸ばす メリット デメリッ…
  6. 104年で初めての衝撃 日本選手権50km競歩中止決定
  7. 世界記録保持者が語る、競歩選手に必要な最も能力とは?
  8. 怪我が多く活躍できなった4年生の卒業に贈った言葉
PAGE TOP