ブログ

行橋‐別府100kmまで約2週間 トレーニングとコンディションのバランスを考える

行橋‐別府100㎞まで2週間となってきました。

なんども参加されている方も、初めて参加される方も

一生懸命に、トレーニングに励んでいることと思います。

 

大きな大会や試合に2週間を切って、考えることは

「トレーニング・コンディションのバランス」です。

 

トレーニングをすれば、コンディションは落ちます(疲労が溜まる)

コンディションを優先して、トレーニングを休めばスタミナ減る(トレーニングが足らなくなる)

どちからをやり過ぎてもダメ出し、やらな過ぎてもダメ、ということです。

 

疲労のコントロールが出来るのであれば、トレーニングが積めるし

疲労のコントロールが出来ないのであれば、トレーニングを積むべきではありません。

 

疲労のコントロールとは、トレーニングをしても短期間で「疲労」をとれる、かということです。

例えば、しっかりとした睡眠がとれる、マッサージに定期的に行く予定がある、サプリメントの活用や消炎剤のなどの利用で疲労の回復が出来る

などです。

しっかりと疲労対策がとれるのであれば、トレーニングを疲労がコントロールできる範囲で積んでもよいでしょう

しかし、仕事の都合で睡眠時間がとれない、マッサージなどは特にする予定はない、疲労回復の知識があまりない

というのであれば、無理にトレーニングをすれば疲労が残るだけ、っというのが一番良くありません。

 

 

ここからの2週間、トレーニングとコンディションのバランスは、戦略的に考えていきたいところです。

 

 

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキングでも、ランニングでも 初心者でもベテランでも共通して…
  2. 【レポート】座学ウォーキング講習会 全3回 無事に終了
  3. 日本中に競歩を知ってもらう旅① 樋熊 敬史スタートしました
  4. 時速7㎞以上で10㎞以上をウォーキングするための、シンプルな基礎…
  5. 腕振りが苦手な職種
  6. WEB講習会 6月開催 2日目の本講習を終えて移動中
  7. 短い距離をダッシュする方が楽に速く歩け、それよりも長い距離の方が…
  8. 樋熊君、日本中に競歩を知ってもらう旅、無事にゴール
PAGE TOP
PAGE TOP