ブログ

競歩と競歩式の反応の違い

講習会のアンケートが、返ってきてます。

競歩講習会と競歩式ラン講習会

「歩く」「走る」の講習会を続けて開催したので、

両方のアンケートが返ってくるのですが、参加者のみなさんの講習会に対する「キツさ」が微妙に違いがあります。

 

「競歩=歩く」講習会では

「もっとたくさん歩きたかった」

というコメントはありません

しかし、「競歩式ラン=走る」講習会では

「もっとたくさん走りたかった」

というコメントがチラホラ…

 

このコメントと違いが生まれることを考察するに

「競歩=歩く」講習会は世にほとんど無く

しっかりと覚えたい、という気持ちが強いせいか?実技の反復練習に時間を割きたいと思うのでしょう

しかし、ランは

みなさんなまじ走れる、どこかのランニング練習会に参加したことある

といった部分があり、せっかく習った事をその場でたくさん試したい

という気持ちが、「もっとたくさん走りたかった」コメントを書かれている心理だと

勝手に推察しています。

 

いずれにせよ

上手くいかないからからしっかり反復したい、という声にも

もっと、習った事をその場でたくさん試したい、という声にも

上手く応えられるように考えていきたいと思ってます。

Follow me!

関連記事

  1. ウォーキング や 競歩 でペースが速くて苦しくなった時に、ペース…
  2. 冬のウォーキングウェアは機能性で選べ!
  3. 1度の講習会で覚えるのは… 効果的に動作を身に付けるには?
  4. 超 初心者のため の ウォーキング コラム 雨の日ウォーキング対…
  5. メール通信トレーニングの始めた理由
  6. 何でも良いので「挑戦」してみる。
  7. 2013年世界陸上モスクワ大会 この先の日本競歩飛躍を感じさせる…
  8. 100㎞ウォークで最初は飛ばさない方が良い理由 乳酸の話のつづき…
PAGE TOP