ブログ

その2 長時間ウォーキングすると、脚(足)が痛くなるという方へ 地面に優しく足を降ろせば100㎞とはいえ、足は痛くなりにくい

前回は

長時間ウォーキングすると、脚(足)が痛くなるという方へ 100㎞は長時間ウォーキングし続けることだからこそ、知っておきたいこと

を書いて、「効率の良い歩き=身体のバランス」という話をしました。

 

脚を痛めないウォーキングとして、今回は(とは言え、前回と同日アップですが)

地面に足を叩きつけない!です。

 

たまにこのブログでも書くテーマですが、振出す足をいかに低く振出すか?というのは

足を痛めないためにも、とても重要なことです。

 

ゆっくりウォーキングをする人でも、足を高めに振出す人は

足を痛めます。

もちろん、速くウォーキングする人ほど、うまくウォーキングしないと

振出が高くなりやすくなるので、歩けば歩くほど足が痛めやすいです。

 

ゆっくり歩いているのに足が痛くなる、っという人は

振出す足が高くなっていないか?

そこを確認してみると良いと思います。

 

 

 

Follow me!

関連記事

  1. 速く楽に歩くために、 筋肉をつけるべきか? 筋肉をつけないべきか…
  2. 自分のフォームがレベルアップしたと感じるポイント
  3. 日本人が日本人を批判する、矛盾
  4. 暑さ対策 ウォーキングのための身体の冷やし方 スタート前編
  5. ナショナルチーム合宿で、想いを馳せる①
  6. 100kmに向けて、疲労回復のために実践していること
  7. 2017 世界陸上メダルへの道③ 
  8. 超 初心者のため の ウォーキング コラム 「ウォーキングのため…
PAGE TOP