ブログ

競歩 を知ってもらうための中国の取組では、審判がバイクのサイドカーに乗る

中国滞在3日目ですが、まだ1回も中国ネタがないので。。。

今回の試合は3日連続でおこないます。

20㎞‐12㎞‐12㎞。

今日、行われたのは20㎞。

日本ではまずない1周20㎞のコース。

審判は、バイクのサイドカーに乗って選手を颯爽っと追いかけて審判してました。

 

 

 

 

 

この大会は、いつも面白く革新的な取り組みをしており

同時開催で市民ランナーのためハーフマラソンをほぼ同時スタートで開催し

競歩選手が前。ランナーが後方でスタートし、コースの一部を重ねることで

市民ランナーにも競歩選手を生でみて、そのスピードが体感できるようになっています。

 

こういう取り組みは、ぜひ日本でもして欲しい!っと思わずにはいられませんでした。

Follow me!

関連記事

  1. 箱根駅伝往路は異常なくらいの高速レース それを生み出したもの、そ…
  2. 本当に疲れないウォーキングはできるのか?
  3. 速く歩くために! 時速10㎞で10㎞で歩いても疲れない
  4. 九州の皆様、ありがとうございました
  5. ドーピングしてる人はいませんか?
  6. マメが出来ないシューズがあるの?っと聞かれたらしたい話
  7. 前十字靭帯が無く、変形膝関節症でも10㎞を57分で走る
  8. 医療従事者からのお尻も脚だと思って歩くときの身体の使い方のアプロ…
PAGE TOP