BLOG

ウォーキングブログ

競歩 を知ってもらうための中国の取組では、審判がバイクのサイドカーに乗る

中国滞在3日目ですが、まだ1回も中国ネタがないので。。。

今回の試合は3日連続でおこないます。

20㎞‐12㎞‐12㎞。

今日、行われたのは20㎞。

日本ではまずない1周20㎞のコース。

審判は、バイクのサイドカーに乗って選手を颯爽っと追いかけて審判してました。

 

 

 

 

 

この大会は、いつも面白く革新的な取り組みをしており

同時開催で市民ランナーのためハーフマラソンをほぼ同時スタートで開催し

競歩選手が前。ランナーが後方でスタートし、コースの一部を重ねることで

市民ランナーにも競歩選手を生でみて、そのスピードが体感できるようになっています。

 

こういう取り組みは、ぜひ日本でもして欲しい!っと思わずにはいられませんでした。

Follow me!

関連記事

  1. 2022年 明けまして、おめでとうございます。本年も宜しくお願い…
  2. ウォーキング・ランニング・競歩、【長い距離・長い時間の運動に強く…
  3. ウォーキング・競歩・ランニングで、「前傾」をしようとして「前屈」…
  4. 選手のインタビューは優等生過ぎる、と思う人へ インタビューの楽し…
  5. 元五輪選手が伝授するウォーキングや競歩で背中を柔軟に使うためのド…
  6. 女性が歩行能力が衰えるのが早くなってしまうと起こる可能性のがある…
  7. 長時間ウォーキングすると、脚(足)が痛くなるという方へ 100㎞…
  8. コーチとしての表彰に想う
<<
PAGE TOP