ブログ

競歩 を知ってもらうための中国の取組では、審判がバイクのサイドカーに乗る

中国滞在3日目ですが、まだ1回も中国ネタがないので。。。

今回の試合は3日連続でおこないます。

20㎞‐12㎞‐12㎞。

今日、行われたのは20㎞。

日本ではまずない1周20㎞のコース。

審判は、バイクのサイドカーに乗って選手を颯爽っと追いかけて審判してました。

 

 

 

 

 

この大会は、いつも面白く革新的な取り組みをしており

同時開催で市民ランナーのためハーフマラソンをほぼ同時スタートで開催し

競歩選手が前。ランナーが後方でスタートし、コースの一部を重ねることで

市民ランナーにも競歩選手を生でみて、そのスピードが体感できるようになっています。

 

こういう取り組みは、ぜひ日本でもして欲しい!っと思わずにはいられませんでした。

Follow me!

関連記事

  1. 100㎞ウォーキングで今季は、なんと5回のトップゴール!
  2. 日本インカレに弾丸日帰り、試合の出来る幸せ
  3. 大阪で競歩講習会&パーソナルしてきました。パーソナル受講者が感じ…
  4. マスターズ世代には必須!リカバリー(ボディケア)
  5. ジョグ歩とウォーキングの違い
  6. 62才で9年ぶりの自己記録を「競歩式ラン」で更新!
  7. 競歩(ウォーキング)で、フォームの答え合わせしてますか?
  8. 東京エクストリームウォーク コース難所。。。 参考になる人となら…
PAGE TOP