ブログ

ウォーキング フォームは似て非なる、けどその根っこにある「基本」は大切に。

同じ種目をしている選手は、どうしても体型が似てきます。

マラソン選手と水泳選手を並べてみれば

どんなにスポーツを知らない方でも、体型の違いは一目瞭然です。

片方は、痩せててシャープな感じ、

もう片方は、筋肉質で丸みを帯びています。

どちらも「有酸素運動」なのですが。

 

競歩のフォームも、国別の違いが良く分かります。

中国はフォームが画一的です。ですから、すぐに中国の選手だと分かります

ヨーロッパ系は、たくましい上半身を活かしたパワフルな腕振りの選手が多く

南米系は、少々膝を使ってランニングっぽいフォームながら、失格にならない

ギリギリのところ攻めてくる感じです。

 

そういえば、パーソナルを受講されている方が

「あなたの歩き方は、競歩っぽいね」と言われたそうです。

そりゃそうですよね、教えているのが元競歩選手ですから。

 

似てるようでいて、実は違う。

ここで大切なのは、「似ている」だと思います。

似てるというのは、基本的なことは同じベースだということです。

 

まずは、基本的なことを習うのはとても大切で

そこからアレンジが自分に合わせたアレンジメント、ということです。

 

まずは何事も「基本」なのです。

Follow me!

関連記事

  1. プロ(実業団選手)と一般ウォーカー・ランナーとの差を生むもの
  2. 東京五輪マラソン東京コース 4時間46分01秒で歩く 装備&給水…
  3. ウォーキングをスポーツとして発展させるために!
  4. リラックスして ウォーキング や 競歩 をするために一番重要なこ…
  5. サッカー日本代表の代わりにボヤいてみました
  6. メール通信でも・身長150㎝でも・40㎞を時速7㎞平均でゴールで…
  7. 世界陸上、解説グッズ到着
  8. 運動初心者の女性で3㎞競歩から転向して、僅か2ヶ月で初ハーフマラ…
PAGE TOP