BLOG

ウォーキングブログ

肘を曲げたウォーキングで初心者がつい失敗してしまう事

ウォーキングで「肘を曲げて振る」は

ピッチも上がりやすくなり、スピードを出して歩くためには

必要不可欠な方法です。

 

ですが、ウォーキングを通常行っている方は

あまり腕を曲げて歩く習慣がないので、どうしても戸惑うようです。

そして、どうしても肩に力が入り、

ピッチを上げるはずが、腕を速く振ることが目的となり

下半身と上半身がかみ合わない、ってことが多く起こります

 

一番、やってしまう失敗は「太鼓叩き腕振り」

 

前に腕を振ったときは肘は曲がっているけど

後ろに引いた時は、肘は伸びている。

たまにblogでも書きますが、この肘を曲げ伸ばし腕振りを

してしまう方は多く存在し、そして自分でそのことに気が付けない

っという方も、多くいます。

 

上下のリズムが生まれる、この太鼓叩き腕振りには、初心者の方はぜひ気を付けて下さい。

Follow me!

関連記事

  1. 競歩で「分かりやすく」健康になる
  2. オーバーナイトウォーク 38㎞ウォーク、途中で参加者に声を掛けた…
  3. スポーツの上達は、運動神経ではありません。洞察力・表現力・再現力…
  4. NHKから電話世論調査の電話が掛かってきて聞かれたこと
  5. #100㎞ウォーク など、ロングウォークに向けたトレーニングの仕…
  6. 男女混合競歩、順位の奪いに勝ち切ることが日本チームの大きな課題
  7. 競歩をやってみたい!という方への動画 シェア&チャンネル登録よろ…
  8. YouTube動画UPしました! 歩いてサブ4 =40㎞ウォーク…
<<
PAGE TOP